妊娠・出産特集の体験談

出産直後にできた顔の斑点

医師確認済み

出産直後にできた顔の斑点

初めての子を出産した直後、鏡を見て驚きました。なぜなら、顔中に赤い斑点が散らばっていたからです。まるで、大量のニキビをつぶした痕のように見えました。
このまま治らなかったどうしようと不安になりましたから、看護師さんに相談してみました。すると、出産直後にはよく見られることだと説明されました。初めての場合、いきみ方が分からないために力が入りすぎて、顔が前面的に赤くなったり、斑点が浮き出ることがあるそうです。それでも不安は消えませんでしたから、顔のマッサージを行ったり、クリームを塗ったりしました。
しばらく心配していましたが、少しずつ斑点の色が薄くなり、病院を退院する頃には消えかかっていましたから、本当に安心しました。退院した後は完全に消えましたので、看護師さんに説明されたとおりだったと感心しました。出産直後に不安なことが起こったならば、何でも相談してみることが大事です。不安やストレスを取り除くことによって、安心して子育てに専念できます。

出産直後からはじまります

命がけの出産を経験した直後は、うれしさとほっとした気持ちでいっぱいになります。お産はとても体力を使い、産後は体も万全の状態ではないので、疲れ果てています。ですが出産直後から、育児がはじまります。
産後はすでに3時間おきの赤ちゃんへの授乳がはじまっています。それは昼夜問わずで、出産直後はすぐにおっぱいが出る方もみえますが、ほとんどの方はそうではありません。赤ちゃんに吸ってもらう練習をしながら、それが刺激となって少しずつ出るようになるのです。ですので、おっぱいをあげながら、ミルクも足していました。その慣れない授乳に、とても時間がかかりオムツ替えや食事、泣く赤ちゃんを抱っこするなどしていると次の3時間はすぐやってきてしまいます。なので本当に休む時間がありませんでした。夜中は、どうして泣いているのか分からない赤ちゃんと向き合う孤独な時間でした。
とても辛いと感じることもありましたが、家族の支えで乗り越えることができました。

出産直後のリアルな生活って?!

20時間の陣痛に耐えて出産、その直後の心身状態を振り返ります。
お産が終わってすぐは、疲れているのですが、妙にハイな気分でした。夜遅くに産んだので、夫や母は帰宅していたのですが、目がさえて寝られないのです。多分近くに誰かいたらすごい勢いで話していたと思います。
高揚感と同じくらい、強い空腹感も感じました。お産の最後の方は食べ物を受け付けなかったせいか、夫が置いていってくれたお菓子やバナナ等を片っ端から食べました。
一方で体はボロボロでした。起き上がるどころか寝返りも打てません。腰が痛くて膝を立てた状態でベッドに仰向けに転がっていました。一晩明けて、看護師さんに付き添ってもらってトイレに行くときも足は震えるし、出産時の傷は痛むしで、出産直後のダメージの大きさを思い知りました。
それでも赤ちゃんは可愛くて、おむつを替えるときにオシッコを飛ばされたり、ベッドに寝かせたとたんにお乳を戻して夫婦でびっくりしたことも今では良い思い出です。

無我夢中の出産直後は興奮状態で眠れず

臨月を迎えたとたん、妊娠中毒症になり高血圧になってしまいました。赤ちゃんを少しでも早く出してあげた方がいいでしょう、と医師の判断で陣痛促進剤を使い出産に臨みました。
促進剤の作用で強烈な陣痛に襲われ、痛みに耐えること数時間、ようやくわが子の産声を聞く事ができた時は、喜びと同時にホッとしたという感じでした。
出産というのは本当にこれ以上ないエネルギーが必要です。痛みに何時間も耐え力を入れているのですから、直後の疲れ方は半端なものではありません。母子同室の産院でしたが、その夜は赤ちゃんを新生児室で預かり、お母さんはゆっくり寝て下さいという事でした。
相当疲れているから思い切り熟睡すると思っていたのですが、寝ようとベッドに横になっていても目が冴えて、いっこうに睡魔が訪れてこないのです。電気を消したり明るくしたり、ベッドの高さを変えてみたり、いろいろやってみましたが結局寝れたのは明け方でした。
次の日、助産婦さんにその事を話すと、出産直後は興奮状態に陥って眠れない人が多い、という事を教えてくれました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康チェック

健康チェック画像

「安産体質」チェック

あなたはどのくらい「安産体質」なのでしょうか?

妊娠をしたら、誰もが安心して出産を迎えたい、安産だといいなと思うもの。ただ、そもそも安産は望んで得られるものなのでしょうか。安産になる人と難産になる人の違いはどこにあるのでしょうか。

体型? 生活習慣? 年齢? それとも…気になりますよね。まずは、ご自身が安産体質なのかどうか、簡単なチェックをしてみましょう!

1 /10

体重が増えすぎてしまっている

妊娠・出産特集の他の体験談

女性の病気と妊娠・出産の体験談

  • 食後に動悸を感じたならば

    更年期障害・動悸・食後

    最近、食後に動悸を感じることが増えましたので、とても困ったことになったと思いました。なぜなら、動悸を感じると、とても不安な気持ちになるからです。心臓の病気だろうか、それとも食べ合わせが悪かったのだろうかと心配になります。そのために、せっかくおいしいご飯を食べたあとも、食後にリラックスすることができなくて本当に困りました。 そこで、原因を突き止めるために調べてみましたが、カフェインの過剰摂取が原因…続きをみる
  • 寝起きからめまい。辛い朝の改善法

    更年期障害・めまい・寝起き

    めまいの原因はいろいろあると思いまずが、私の場合は脳ではなく内耳の前庭器官の異常でした。 朝起きてベッドから体を起こした瞬間、クラクラとして立ち上がれなくなりました。夕べはしっかり寝たはずなのに、寝起きの自分にいったい何が起こったんだろうと戸惑いながら、階下のトイレへふらつきながらたどり着くのがやっとです。 脳裏に脳梗塞という文字が浮かび、ものすごく怖くなりましたが、何となくそれとは違うような気…続きをみる
  • 生理痛で救急車に運ばれた体験について

    生理痛・救急車

    私は、中学生から20歳過ぎまで生理痛がとてもひどく、毎月憂鬱でたまりませんでした。生理が始まってしばらく経つと、腰と下腹部が重だるくなり、説明するのが難しい激しい鈍痛が起こります。 あまりにも痛くて脂汗がでて、だんだん気持ち悪くなってしまいます。気持ち悪さがピークになると吐いて、寒気も起こります。 痛がり方が尋常ではないので、自宅にいる時は両親が病院まで連れて行ってくれていました。しかし、高…続きをみる
  • つわりの時吐きたいのに吐けない状況がずっと続いていました

    つわり・吐けない

    つわりが始まりずっと気持ち悪い状態が続いていました。ただ私の場合は気持ち悪くて吐きそうになりトイレには駆け込むのですが、結局吐けずに戻ってくるといった状況が続いていたのです。でもあまりにも気持ち悪い時は、たまに吐くこともありました。一度吐くとその後しばらくの間はかなり楽になるので、出来れば吐いて楽になりたいと考えていたのですが中々吐けない状態が続いていたのです。あまりにも気持ち悪いときは自分から…続きをみる
  • 13週ごろからつわりでよく吐くようになりました

    つわり・13週

    妊娠6週から本格的につわりが始まり、特に吐くことはなかったのですがずっと気持ち悪い状態が続いていました。ご飯もろくに食べられず、毎日果物や冷たいおにぎりなどを食べて何とかやり過ごしていました。 特に妊娠9週~11週までがピークで、気持ち悪さがかなり強くなり常に何かを口にしていないとダメな状況になってしまいました。 でも妊娠12週を過ぎた頃から少しずつご飯も食べられるようになり、このままつわりが落…続きをみる
健康チェック画像

「安産体質」チェック

あなたはどのくらい「安産体質」なのでしょうか?
健康チェックする