妊娠にんしん

妊娠の体験談

産婦人科での妊娠体験談

医師確認済み

産婦人科での妊娠体験談

私が長女を妊娠した時の話です。性器から出血しており産婦人科にすぐに行きました。
産婦人科の医師から妊娠しているけど超音波では確認ができない事と、子宮が流産に向かっていると言われました。子宮外妊娠の可能性もあると言われました。その時は産婦人科の医師からホルモン剤の筋肉注射をしてもらい家に帰りました。医師から自宅では絶対安静の指示が出ました。仕事もしていましたが、有給は全て使いそれ以外では欠勤しました。
次回の検診の時に超音波で赤ちゃんが確認でき異常ではありませんでした。しかし赤ちゃんは正常に成長しているけど、着床している部分が子宮のかなり下であるため、前置胎盤の危険性かなり高いと言われました。子宮も流産に向かっているのに変わりなく、絶対安静の指示がその時も医師から出るなど、予断が許さない状態が約2ヶ月続きました。14週程度になると赤ちゃんの場所も通常の場所になり、胎盤も完成したため安定しました。

妊娠がわかったら、すぐに産婦人科に行きました。

私が住んでいるのは産婦人科が少なく、妊娠が分かった段階で産婦人科に行っても人気の産科はすでに予約が一杯です。早いところだと5週目1dayで定員に達してしまうので、最終生理予定日から一週間後に検査薬を使って陽性反応が出てからでは遅いのです。人気の産科以外の病院はもっと初診が遅くても大丈夫なようですが、私自身がアラフォーなのもあり、出来れば大きな設備の整った病院で産みたいと思ったので、ぴったり5週目で産科の予約を入れました。たまたま最終生理予定日にフライングで検査薬を使ったところ妊娠がわかったので運が良かったのだと思います。
妊婦検診で色々な検査をしているうちに、子宮頸ガンの恐れがあるとの検査結果が出たので、やはり大きな病院を選択してよかったです。
産婦人科の激戦区でもそうでなくても、検査薬で陽性反応がでたら早めに産科を受診するようにしましょう。子宮外妊娠をしていると7週目あたりから卵管破裂の恐れがあるので、ちゃんとお医者さんに見てもらうことが大切です。

妊娠と産婦人科

妊娠して、初めて産婦人科に行きました。最初は、とても緊張しました。どんなところなのか不安だったからです。
内科とは全然違いました。聴診器での診察は一度もありませんでした。内診の診察台は、これから母になるという強い気持ちを持つことができたからこそ、乗り切ることができました。内診はだんだん慣れていき、出産が近づいていくうちに、今どんな状態か先生に見ておらいたいという気持ちになってきました。診察は下着を外し、内診台に座ります。機械がどんどん上に上がっていき、足が開かれます。この機械は、先生にとっては診察しやすく、おなかが大きくなった妊婦さんでも座りやすい診察台になっています。出産当日も何度も座りました。
妊娠は、病気ではありません。しかし、妊娠中はいろいろなトラブルがありました。貧血や逆子、早産になりかけたりと、産婦人科には出産以外にもたくさんお世話になりました。私は、赤ちゃんの1ヶ月健診まで1年弱通いました。

妊娠したら、産婦人科選び!

初めての妊娠の時は、誰でもそうだと思いますがわからないことだらけです。産婦人科を選ぶときも、何も考えず、大きな病院で産婦人科があるところに行けばいいと思い、総合病院の産婦人科にかかりました。
しばらくして、先輩ママさんとお話していると、病院についてのいろいろな情報を教えてもらいました。どうせ出産の時に入院するなら、快適でご飯のおいしいところがいいよと、いくつかの産院を紹介してくれました。私の住んでいる市内にはそういう病院がなかったので、隣の市の病院になるのですが、30分くらいで行けるので問題ないということでした。しかも、私の住んでいる地域が田舎のせいか、費用も出産手当でトントンくらいの費用で入院できるのです。
実際に妊娠中の定期検診から出産、入院、退院までとても快適に過ごすことができました。何か心配な症状などがなければ、出産方法や病院の食事、立ち会い出産の希望等、自分の満足できる環境で出産できる施設をよく調べて探されることをお勧めします。

妊娠したかなと思ったら・・・産婦人科へ行くタイミング

もともと生理不順だったのですが、なんとなく体がだるい、熱っぽい感じだったので、もしかしてと思い、自分で妊娠検査薬を購入し、検査をしました。陽性でした。最終月経日から2か月が経っていました。
産婦人科では、最終月経日と、いつ妊娠検査をしたか聞かれました。尿検査、エコーなどをし、医師より、「赤ちゃんの心拍が確認できました。妊娠おめでとうごさいます」と言われたときはドキドキしました。生理不順だったからか、最終月経日から出産予定日が割り出せなかったようで、エコー写真の赤ちゃんの大きさで予定日を教えてくれました。そして、次の健診までに、市役所で母子手帳を交付してもらってきてくださいと言われました。次の健診は3週間後だったので、働いていましたが余裕をもって手続きに行けました。
もう少し早く産婦人科に行けば、食べ物や体調に気をつけたりできて良かったのかもしれませんが、あまり早すぎても診断がつかないそうです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康チェック

健康チェック画像

「安産体質」チェック

あなたはどのくらい「安産体質」なのでしょうか?

妊娠をしたら、誰もが安心して出産を迎えたい、安産だといいなと思うもの。ただ、そもそも安産は望んで得られるものなのでしょうか。安産になる人と難産になる人の違いはどこにあるのでしょうか。

体型? 生活習慣? 年齢? それとも…気になりますよね。まずは、ご自身が安産体質なのかどうか、簡単なチェックをしてみましょう!

1 /10

体重が増えすぎてしまっている

妊娠の他の体験談

女性の病気と妊娠・出産の体験談

  • 食後に動悸を感じたならば

    更年期障害・動悸・食後

    最近、食後に動悸を感じることが増えましたので、とても困ったことになったと思いました。なぜなら、動悸を感じると、とても不安な気持ちになるからです。心臓の病気だろうか、それとも食べ合わせが悪かったのだろうかと心配になります。そのために、せっかくおいしいご飯を食べたあとも、食後にリラックスすることができなくて本当に困りました。 そこで、原因を突き止めるために調べてみましたが、カフェインの過剰摂取が原因…続きをみる
  • 寝起きからめまい。辛い朝の改善法

    更年期障害・めまい・寝起き

    めまいの原因はいろいろあると思いまずが、私の場合は脳ではなく内耳の前庭器官の異常でした。 朝起きてベッドから体を起こした瞬間、クラクラとして立ち上がれなくなりました。夕べはしっかり寝たはずなのに、寝起きの自分にいったい何が起こったんだろうと戸惑いながら、階下のトイレへふらつきながらたどり着くのがやっとです。 脳裏に脳梗塞という文字が浮かび、ものすごく怖くなりましたが、何となくそれとは違うような気…続きをみる
  • 生理痛で救急車に運ばれた体験について

    生理痛・救急車

    私は、中学生から20歳過ぎまで生理痛がとてもひどく、毎月憂鬱でたまりませんでした。生理が始まってしばらく経つと、腰と下腹部が重だるくなり、説明するのが難しい激しい鈍痛が起こります。 あまりにも痛くて脂汗がでて、だんだん気持ち悪くなってしまいます。気持ち悪さがピークになると吐いて、寒気も起こります。 痛がり方が尋常ではないので、自宅にいる時は両親が病院まで連れて行ってくれていました。しかし、高…続きをみる
  • つわりの時吐きたいのに吐けない状況がずっと続いていました

    つわり・吐けない

    つわりが始まりずっと気持ち悪い状態が続いていました。ただ私の場合は気持ち悪くて吐きそうになりトイレには駆け込むのですが、結局吐けずに戻ってくるといった状況が続いていたのです。でもあまりにも気持ち悪い時は、たまに吐くこともありました。一度吐くとその後しばらくの間はかなり楽になるので、出来れば吐いて楽になりたいと考えていたのですが中々吐けない状態が続いていたのです。あまりにも気持ち悪いときは自分から…続きをみる
  • 13週ごろからつわりでよく吐くようになりました

    つわり・13週

    妊娠6週から本格的につわりが始まり、特に吐くことはなかったのですがずっと気持ち悪い状態が続いていました。ご飯もろくに食べられず、毎日果物や冷たいおにぎりなどを食べて何とかやり過ごしていました。 特に妊娠9週~11週までがピークで、気持ち悪さがかなり強くなり常に何かを口にしていないとダメな状況になってしまいました。 でも妊娠12週を過ぎた頃から少しずつご飯も食べられるようになり、このままつわりが落…続きをみる
健康チェック画像

「安産体質」チェック

あなたはどのくらい「安産体質」なのでしょうか?
健康チェックする