赤ちゃんの絶壁頭を防ぎたい!頭の形がいびつにならない方法とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
執筆者画像

監修:Doctors Me 医師

赤ちゃんの時の頭が絶壁だったり形のいびつさが残ったまま成人してしまうと、見た目を気にしてコンプレックスの原因になってしまうことがありますよね。

親としては、赤ちゃんのうちから出来る限りのことをしてあげたい、と思うのは当然のことだと思います。

そこで今回は、赤ちゃんの頭がいびつになってしまう原因について、考えれる原因や予防対策について、詳しく医師に解説していただきました。

目次

赤ちゃんの頭の形がいびつになってしまう原因


赤ちゃんの頭の骨は薄く柔らかいため


赤ちゃんの頭の骨は、狭い産道を通れるように、複数の骨がパズルのように組み合わさってできています。

また、骨が薄く柔らかいため、生まれた後もどちらを向いて寝るかによって頭の重みがかかる部分が均一ではなく、形がいびつになってしまうことがあります。

寝かされる環境や地域の違い


赤ちゃんが寝かされる環境は時代や地域によって異なります。

■ 日本
「首がすわるまでは赤ちゃんを縦抱きにせず、仰向けに寝かせておかなくては脳に負担がかかる」と言われていた時もありました。
その頃の赤ちゃんは絶壁頭が多かったようです。

■ 欧米
逆に欧米では、うつぶせに寝かせたほうがよいと言われていた時期もあり、絶壁は見られませんでしたが、うつぶせ寝が窒息や乳幼児突然死を招くと分かってから仰向けに寝かせるようになり、絶壁が増えました。

向き癖


大人は仰向けに寝た場合、首を真正面に向けて保持するための首の筋肉がありますが、赤ちゃんは生まれてすぐは首の筋肉が弱いため、仰向けに寝かせると左右どちらかに首が向いてしまいます。

赤ちゃんによって左右どちらかを好んで向く「向き癖」があります。

股関節脱臼


赤ちゃんの向き癖が強い場合、股関節脱臼があるために体のゆがみがあり、どちらか一方にしか向けなくなっているという場合もありますので、股関節の開きに左右差がないかもチェックしましょう。

仰向けに寝かせて股関節と膝を曲げ、体育座りをしたような状態から、膝を左右に開き、開く際の抵抗感や、無理なく開ける角度に左右差がないかをチェックします。異常があれば小児科か、小児に詳し整形外科で相談しましょう。

首の骨にずれが生じる


以下の理由により、首の骨にずれが生じ、いびつになることはあります。

・双子などの多胎
・出産の際に鉗子(かんし)を用いた
・吸引分娩だった

関連記事:

同じ方向ばかり…赤ちゃんの向き癖って頭の形に影響ある?

赤ちゃんの頭の形で懸念される症状、病気

短頭症(絶壁頭)


仰向けに寝かせておくことにより、後頭部が平らになってしまう症状です。

斜頭症、長頭症


小さく生まれたために保育器に入れられている赤ちゃんは、仰向けより横向けに寝たほうが呼吸がしやすく痰が出やすいなどの理由で横向けに寝かされることがあります。

それが原因で、頭の形が左右非対称にいびつになってしまうことを斜頭症や長頭症と呼びます。

頭蓋骨縫合早期癒合症、狭頭症


パズルのように複数の骨でできた頭蓋骨は、大人になると共に骨どうしがしっかり結びつき固定されます。

しかし、この固定が早くに起こりすぎると、それ以上頭が大きく成長できなくなり、顔面も含めて形がいびつになることを頭蓋骨縫合早期癒合症、狭頭症と言います。

頭蓋骨のどこの部分が固定するかによって、短頭蓋・舟状頭蓋・三角頭蓋・クローバー頭蓋などと呼ばれます。

また、顔面骨の異常を伴うと特有の顔つきになり、クルーゾン病・アペルト症候群と呼ばれ、脳・指などの奇形を伴うこともあります。

小頭症


リオデジャネイロオリンピックの際に問題となったジカ熱では、脳が発達しないことによって頭蓋骨の発達も遅れ、小頭症となった赤ちゃんが生まれました。

水頭症


脳の周辺を流れる髄液の流れが腫瘍などにせき止められて流れなくなると、頭蓋骨が押し広げられて水頭症という状態になります。

骨ではなく脳の病気でも頭の形がいびつになることがあります。

赤ちゃんの頭のひずみの治し方


出産後1年以内くらいを目安に対応


赤ちゃんの頭の形が気になる場合は、出産後1年以内くらいに対策をとるといいでしょう。

病気以外の頭蓋骨のひずみについては、色々な向きを向かせて寝させることで、自然に回復することがある程度期待できます。

ただ、程度が強くなってしまうと、平らな部分を下にしてしか寝られなくなってしまい、ますます形が固定されてしまうという悪循環になります。

手術


■ 頭蓋骨縫合早期癒合症
形成外科で骨の形を整える手術が必要になります。

■ 水頭症
原因となっている腫瘍などの病気をはっきりさせ、たまった髄液をお腹のなかに逃がすような手術をすることで頭の大きさも正常に戻ります。

リモルディングヘルメット


首がすわった頃に赤ちゃんの頭の形を計測し、オーダーメイドで作ったヘルメット(リモルディングヘルメット)をかぶらせることで、理想的な形に育っていくように導くような方法が行われることがあります。

健康保険の適応はないため自費の治療であり、日本でも数か所しか行っている病院はありません。。

関連記事:

ママ必見! 医師が教える、赤ちゃんの【ぜっぺき頭】の原因と治し方

赤ちゃんの頭の形のひずみの予防法


横抱きの際の手の配置


横抱きするときに、大人の右手に赤ちゃんの頭をかけるか、左手にかけるかも、どちらかだけではなく両方するようにしましょう。

赤ちゃんを抱っこする方向を時々意識して変えるよう心がけましょう。

時々うつぶせにする


必ず大人が見ている前で、赤ちゃんの目がさめている時に限りですが、生後1カ月ごろから時々赤ちゃんをうつぶせにしてみましょう。

また、定期的に寝ている赤ちゃんの頭の方向を変えるのも効果的です。

ドーナツ枕や向き癖矯正枕


赤ちゃんの頭の形が絶壁頭やいびつにならないように、ドーナツ枕や向き癖矯正枕が市販されています。

関連記事:

赤ちゃんの頭の形、どうすればいびつにならない?

最後に医師から一言


病気でない、向き癖や個人差による頭蓋骨のひずみの場合、頭がゆがんでいるから脳が育たないということはないのですが、将来子供が見た目を気にしたり、好きな髪形をできなかったりするのではと心配になる親御さんもおられます。

また、顔面の非対称や全身の不調につながることもあるとされており、欧米では歯の矯正と同じように、骨の柔軟性が残っているうちに頭の形も矯正しようという考えが広まっています。

(監修:Doctors Me 医師)
  • この記事は、医療・健康に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • 専門家の皆様へ。記事の内容について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連キーワード

キーワード一覧へ

育児特集に関する日記

関連するコンテンツ

育児特集について