母子家庭と父子家庭はどう違う?ひとり親家庭の特徴と助成制度について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
執筆者画像

監修:Doctors Me 医師

平成27年度の厚労省の「母子世帯等調査」では、母子家庭や父子家庭と言われる「ひとり親家庭」が増えていることが報告されています。

母子家庭と父子家庭では、それぞれどのような特徴や注意点があるのでしょうか?

今回は、医師による母子家庭・父子家庭の違いや、利用できる制度についての解説と、実際にカウンセラーへあった母子家庭に関するご相談例などをご紹介いたします。

目次

近年のひとり親家庭(母子家庭と父子家庭)の傾向


厚生労働省の母子世帯等調査によると、25年間で母子家庭は1.5倍、父子家庭は1.3倍と報告されており、平成24年では、18歳未満の児童がいる家庭のうち7%は母子家庭、1%は父子家庭であるとされています。

母子家庭・父子家庭ともに所得が平均より低く、特に母子家庭の母は非正規雇用の率が高くなっています。

進学率は高校・大学共に低くなっています。

(参照:厚労省 ひとり親家庭等の現状について) 
(参照:厚労省 ひとり親家庭の現状と支援施策の課題について) 

ひとり親家庭になってしまう理由


■ 離婚:70〜80%
■ 死別:7〜17%
■ 未婚の母:8%


近年は、離婚によるものと、未婚の母の割合が増えています。

母子家庭・父子家庭の特徴

母子家庭



・収入が低く非正規雇用になりがち
・母親の両親などの支援も得にくく社会から孤立する傾向がある
・男児特有の悩みを理解しにくい

父子家庭



・母子家庭よりは正規雇用の割合が高い
・両親と同居するなどして父だけが育児負担を負うことは少ない
・父子家庭の場合はこれ以上子どもが増えることは考えにくい
・社会から理解を得られにくく、職場で孤立したり、男性に求められる働きをしにくいことも考えられる
・男性は悩みを打ち明けたり、相談することなく一人で抱え込む傾向がある
・子どもが娘の場合、月経や乳房の発育についてどう対応するかに悩む例もある

ひとり親家庭で心掛けること


親の家族や友人の協力を得たり、社会的支援を利用して、子どもの発達段階に応じた対応をしていく必要があります。

育児を担うのが父親または母親だけの場合、親子関係が密接になりすぎたり、逆に関係が悪化すると修復が難しい場合もあります。

ひとり親家庭が利用できる制度や支援サービス


ひとり親家庭等医療費支給制度


収入に応じて医療費が減免されます。

ひとり親家庭生活支援事業


相談支援、生活支援事業講習会、情報交換事業、ホームフレンド、学習支援ボランティアといった様々な事業があります。

役所やハローワーク内のひとり親家庭自立支援センターなどで案内を受けられます。

日常生活支援事業


家庭生活支援員を家庭に派遣して子供の世話や家事を行うサービスです。

母子生活支援施設、母子寮


住居と生活支援を受けられます。

ショートステイ、トワイライトステイ


親の病気などで一時的に養育ができない場合に子供を預かる制度です。

保育所の優先入所


ひとり親の場合、加点がつきます。

母子父子寡婦福祉資金


生活資金の融資を得られます。

その他


公営住宅への優先入居が可能です。

母子家庭に関するお悩み相談例


相談1:母への依存心が強くて…


■ 相談者(22歳/女性)
母への依存心が強く母がいつか亡くなる事に対して小さな頃から不安に思っています。亡くなった後のことを考えると涙が溢れ、お先真っ暗でこの先、生きていく自信がありません。

【不安要因】
母子家庭、親戚や兄弟など身内が母しか居ない、母が身体障害(関節リウマチ)で体が弱い、母は働けないので家に居て小さな頃からベッタリで寝る時も同じ部屋など

■ カウンセラーからの回答
お母さまとお二人のご生活を送られていらっしゃるようですね。 そして、依存感情の強さに不安を感じられていらっしゃるとのこと。

依存感情を分散させるために
・好きなこと、興味があることはなんですか?
・お仕事におけるやりがいはなんですか?
・恋人(もしくは、好きな人)はいますか?

お母さま以外のことで、ご自身の存在価値や居場所を感じること(人、モノ、時間、空間)を具体化し、お母さまだけではないご自身の生き方を意識の中に留めていくようにしましょう。

お悩み相談の続きはこちら:

母への依存心が強くて…

相談2:子どもが寝なくてイライラします


■ 相談者(35歳/女性)
2歳11ヶ月の女の子ですが、とにかく寝ません。

私自身、シングルマザーになり、収入得るための資格取得に必死で、子どもが寝ないことで、勉強時間も短くなり、どうしたらいいのが分からなくなり、イライラします。

子供に「早く寝なさい!!」と怒鳴ってしまうことも普通にあります。 本当にどうしたらいいのが分かりません。

■ カウンセラーからの回答
お子さんが寝やすくなるように、夕ご飯の後はテレビを消して(つけていればですが)可能であれば部屋の電気を暗めにする(ダウンライトなど)ことを試されてみてはいかがでしょうか。

または、数日間(例えば1週間など)は夜8時になったら家中の電気を消して布団に入ることを繰り返して、睡眠のリズムを変える練習をされてみるのも良いかもしれません。

その際には、お子さんが何を言っても寝たふりをしている。または、相談者さんも寝てしまい、早朝に起きて勉強する時間にするなどを試してみることもお勧めします。

お悩み相談の続きはこちら:

子どもが寝なくてイライラします

相談3:彼女には子ども(7歳)がいて…


■ 相談者(26歳/男性)
私の彼女には子供(7歳)がいて、まだ会ったことは、無いのですが‥
どう接していいか分からないので、会う前に色々勉強しておこうと思い相談しました。

■ カウンセラーからの回答
まずは、彼女に子どものことを聞かれてみては如何でしょうか。どんなことが嬉しい、楽しいと感じる子なのか、彼女が子育てで大事にしていることや思っていること(家でのルールや子どもとの約束など)を聞いておくと良いと思います。

一番大事なのは、その子のことを好きになれるかどうかだと思います。好きになれば興味関心が湧きますので、自然と会話をしていけると思います。

好きな食べ物はなに・好きなテレビはなになどです。自分に興味関心を持ってくれて、1人の人間として認めてくれる人のことは、子どもも興味関心を持ってくれると思います。

お悩み相談の続きはこちら:

彼女には子ども(7歳)がいて…

最後に医師から一言


子どもの人数、年齢、性別、障害の有無などによっても必要な支援は異なります。行政の支援も上手に利用して、ひとり親育児の困難を乗り越えていきましょう。

(監修:Doctors Me 医師)
  • この記事は、医療・健康に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • 専門家の皆様へ。記事の内容について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連キーワード

キーワード一覧へ

育児特集に関する日記

関連するコンテンツ

育児特集について