赤ちゃんの“へその尾”は首に巻きつきやすいって本当?【育児ブログ】

男性の目線からお子さんの出産を描く、渡辺貴博さんの4コマ漫画。

今回は、「へその尾が首に巻きつく状態」についてです。

一見危険な状態に見えますが、お腹の子がこんな状態であったらどうすれば良いのでしょうか。

お別れの時間と妻の足のむくみ


どうも、子育てイラストレーター(仮)の渡辺です。

息子が生まれた日の帰り道
母からこんな話をされました。
それは、とても考えさせられる話でした。

今、僕たちがここに存在しているのは
「親」のおかげ

そして、僕の両親の親、そのまた親、そのまた親…
一つでも途切れていたら僕は存在しなかったし、妻とも子どもとも出会わなかった。

そう考えるとすごく、壮大で大事な大事な繋がりなのかもしれない。
僕も親になって思ったけど、いつか息子の子どもを見てみたいし、将来どんな人間になるのかとても楽しみだ。

僕らがいつか息絶えても息子の未来の孫たちにも僕たちの何か遺伝子的なものがきっと残されているんだろう。

と、高卒レベルの頭で考えてみました。

次号、ついに最終話!!
応援ありがとうございました!!

今回の出産シリーズは少しでも多くの妊婦さん、それをサポートする旦那さんに見ていただきたいと思っています。
どうぞよろしくお願い致します。

(出典元:子育てイラストレーター(仮)渡辺貴博の『なべの素』


医師からのアドバイス


作者のお兄さんのように胎児が横向きになっていて、首にへその緒が巻き付いているような場合、現在ならまず帝王切開になると思われます。

首にへその緒が巻いていること自体は珍しくなく、首の周りを何周も巻いていることもありますが、多くは問題にはなりません。

胎児心拍モニターにて心拍に異常がある場合や、胎児の体重の増えやへその緒の血流が悪い場合は帝王切開が行われることがあります。

逆子をお腹の外から押して方向を変えることはありますが、へその緒が巻いているのを外す方法はありません。


茨城県出身、育児とイラスト業の両立を目指し奮闘する渡辺貴博といいます。

2015年3月31日に長男が誕生。一児の父になる。子育て奮闘中!!!
毎日育児マンガ「子育てイラストレーター(仮)渡辺貴博の『なべの素』」をブログで更新しています。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法や専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子育てイラストレーター(仮)渡辺貴博の『なべの素』

もっと見る

育児特集の Q&A

もっと見る

あなたにオススメの健康チェック

健康チェックをもっと見る