男の子は平行、女の子は集団?男脳・女脳別の遊び方の特徴【育児ブログ】

育児ブロガーあま田 こにーさんの、思わずニヤッとしてしまう育児4コマ漫画

今回は、女の子と男の子の遊び方の特徴についてです。

子どもが遊ぶようになってから、男の子っぽく女の子っぽくなっていきますよね。

女の子男の子


「男脳」「女脳」といった言葉がありますが、
小さい子たちを見ていて、
男の子と女の子では
たしかに違うなぁ~と思うときがあります。

男の子って、アホだ。(←※愛を込めて)

もちろん個人差はありますし、
あてはまるかどうかで
良い悪い、フツウだヘンだ、というわけでは決してないですが。

女の子たちは
「おままごと」等の「集団遊び」をしている印象が強いです。
女性は「コミュニティ」の中で生きるイキモノらしく、
集団の中での立ち回りかたとか
会話を通しての共感とか
あるいは集団内での競争心(マウンティングっていう言葉がありましたよね)とか…
そういう片鱗はチビッコな女の子の遊びの中でも見うけられる気がします。

かたや男の子はというと、
「平行遊び(同じ空間で同じように遊んでいるけど、お互い絡まない)」をしている印象が強いです。
個人的な経験ですが
男の子が「よくわからないけどアホなことを、一人で全力でやって遊んでいる」場面はよく見かけてきました…。
(ヒーローになりきって一人で空気と戦っていたり、とりあえず木という木に片っ端から登ってみたり)

もう一度言います。
男の子って、アホだ。(←※愛を込めて。)

(出典元:こにっき~マンガ・主婦と子育てとマンドリン~


医師からのアドバイス


幼児教育の世界では、遊びは、援助遊び、一人遊び、平行遊び(並行遊び)、連合遊び、協力遊びなどに分けられ、この順にできる年齢が高くなっていきます。

・援助遊び
おもちゃを本来の遊び方ではなくつかんだり舐めたりしている段階で、大人が遊び方を示してあげることです。

・平行遊び(並行遊び)
2歳から3歳ぐらいに見られ、子ども同士が同じ場にいて別々に遊んでいるもののなんとなく互いを気にしている状態です。

・連合遊び
一緒に砂山を作るなど一つの遊びを共有する状態です。

・協力遊び
おにごっこなどルールを共有して遊ぶものです。

おもちゃの取り合いになったり手が出たりすることもありますが、徐々に自分以外の子どもの存在を認め、相手の気持ちを予想することができるようになっていきます。


“変わっている”ことに定評のある主婦。(どう変わっているかは本編でご確認ください…)

静岡出身、愛知在住、AB型のアラサー。2015年に長男を出産し育児奮闘中です。

ブログでは現在育児ネタを中心に、同じく“変わっている”夫、趣味のマンドリンなどについて
こにっき~マンガ・主婦と子育てとマンドリン~」で4コマ漫画を中心に日常を描いております。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法や専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こにっき~マンガ・主婦と子育てとマンドリン~

もっと見る

育児特集の Q&A

もっと見る

あなたにオススメの健康チェック

健康チェックをもっと見る