つわりに負けない効果的な対策は“のど飴”!?【育児ブログ】

お絵かき好きでクスッと笑えるイラストを描くようみん。さんの育児イラストブログ。

今回は「効果的なつわり対策」についてです。

つわりに悩まされたときは実践してみてはいかがでしょうか。

悪阻のときの、お助けアイテム。


ども!ようみんです!

悪阻がキツイです・・・

最近、悪阻をなんとなくですが
和らげてくれるものに
出会いました。

今回、ものすごく

助けてもらってます。

夕飯作るときや、娘を
お風呂に入れたり・・・

なんとか動かないといけないときは

のど飴で、ごまかして
やってます。

常に気持ち悪いので

ほとんど横になってますが・・・

早く悪阻が
おさまってほしい・・・。

悪阻があるのは

中にいる子が元気な証拠なんですよね・・・

つらいけど

頑張ります。

(出典元:ママようび。


医師からのアドバイス


「つわりは胎児が元気な証拠である」という言葉は、医師や助産師からも励ましの言葉として言われることがありますが、医学的には微妙です。

胎児が死亡していても、胎盤組織が残っていればつわりは続くこともあり、また逆につわりが軽くなった・なくなったからといって、胎児の元気がないとは限りません。

しかし流産した方に、「胎児の成長度合いから考えて、〇月〇日ぐらいで亡くなったと考えられる」と告げると、「そのころつわりが軽くなりました」とおっしゃる方もおられるのは事実です。

しかし〇週でつわりが軽くなった方のうち、流産だった方が何割といったデータはなく、実際のところどうなのかは不明なのです。


30代で、結婚、妊娠、出産したようみんです!

2013年11月に帝王切開にて長女(ぷっちょ)出産。2017年4月に次女(かっぴぃ)出産。

二人の娘と、超マイペースの年下の旦那さんとの4人暮らし。「ママようび。」を更新中です。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法や専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ママようび。

もっと見る

育児特集の Q&A

もっと見る

あなたにオススメの健康チェック

健康チェックをもっと見る