安心感が違う!? 里帰り出産で知っておきたい注意点【育児ブログ】

ほのぼのした毎日を描くようみん。さんの育児イラストブログ。

今回は「里帰り出産」についてです。

見慣れた先生と土地で出産するのは、やはり安心感が違いますよね。

里帰り出産する産婦人科へ。


ども!ようみんです~!

今回の実家に帰ってきたのは
里帰り出産する産婦人科に
いくこと!!!

というわけで行ってきました~。

ぷっちょを出産した産婦人科と
同じところです!

車がないと行けないので
父が運転手に。

車で20分くらいかな~

予約した時間の少し前に到着!!

久々に来て懐かしくなりました。

私が行ったとき、ちょうど
お産が始まっていたらしく
検診が中断されてました。

がんばれ!お母さん!!

1時間半くらい待って
呼ばれました。

久々の院長先生との再会ーーー!!!

変わらずの
優しい先生でした・・・。

私が里帰りしたいのも
院長先生だから、ってのもあります!

病院も綺麗だし、入院してるときの
ご飯も美味しい!!←ココ大事!!!!

あと
帝王切開なので

同じ先生に頼めるという
安心感もあります。

また娘の出産話は悪阻が
落ち着いたら描きます・・・

自分の記録としても
残しておきたいので・・・

と、いうわけで
無事に
検診も終了~!!

(出典元:ママようび。


医師からのアドバイス


里帰り出産を希望する場合は、受け入れ側の指示通りの週数(初期一回と後期は必須)に受診する必要があります。

また妊娠経過を観察できていないと責任を持って分娩を受けられないという理由で、里帰り出産自体を受け入れていない施設もありますので確認が必要です。

里帰りするつもりでも、妊娠中に切迫早産などにより居住地近くで入院・出産となる場合もあり、その場合に上の子の世話をどうするかなどもあらかじめ決めておく必要があります。


30代で、結婚、妊娠、出産したようみんです!

2013年11月に帝王切開にて長女(ぷっちょ)出産。2017年4月に次女(かっぴぃ)出産。

二人の娘と、超マイペースの年下の旦那さんとの4人暮らし。「ママようび。」を更新中です。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法や専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ママようび。

もっと見る

育児特集の Q&A

もっと見る

あなたにオススメの健康チェック

健康チェックをもっと見る