赤ちゃんが理解した!?考えて行動し始める期間とは【育児ブログ】

息子さん成長を実感する、育児ブロガーあま田 こにーさんの育児4コマ漫画

今回は、「考えて行動する」についてです。

赤ちゃんが考えて行動しているのを見ると、感動してしまいますよね。

賢い


あーすけくん、
1歳手前くらいのお話。

この頃になると
だいぶ「考えて行動する」様子が
みられるようになりました!

おかーさんの手を
鳴らせばいいのね。

と解釈したのでしょうか。

なんだか得意気な顔だったことを記憶しています(笑)

おとーさんの手で
押せばいいのね。

と解釈した模様。

この頃くらいから
まわりの大人のマネをしようとしたり
「彼なりの解釈で行動した」と思しき動作がみられるようになったりと、

ニンゲンになったねぇ…

と思える様子が増え始めました!

(出典元:こにっき~マンガ・主婦と子育てとマンドリン~


医師からのアドバイス


このマンガで見られる行動はクレーン現象の可能性があります。クレーン現象とは他人の手を使って自分がしたいことを代わりにさせようとする行動です。

お菓子が食べたいとき、お菓子を指さしたり口で要求を伝えるのではなく、親の手を持ってお菓子のほうに持っていくというようなことをします。このクレーン現象は1~2歳で、つまり言葉で要求を伝えられない時にはよく見られます。

特に異常な行動ではありませんが、3歳近くになっても頻繁に見られる場合にはコミュニケーションの異常が疑われ、自閉症など発達障害があると見られることが多いともされています。


“変わっている”ことに定評のある主婦。(どう変わっているかは本編でご確認ください…)

静岡出身、愛知在住、AB型のアラサー。2015年に長男を出産し育児奮闘中です。

ブログでは現在育児ネタを中心に、同じく“変わっている”夫、趣味のマンドリンなどについて
こにっき~マンガ・主婦と子育てとマンドリン~」で4コマ漫画を中心に日常を描いております。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法や専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こにっき~マンガ・主婦と子育てとマンドリン~

もっと見る

育児特集の Q&A

もっと見る

あなたにオススメの健康チェック

健康チェックをもっと見る