喜怒哀楽…子どもの表情が豊かになる時期はいつから?【育児ブログ】

イクメンイラストレーターの、渡辺貴博さんの育児4コマ漫画。

今回は、「子どもの表情が豊かになる時期」についてです。

喜怒哀楽の感情や表情の変化は、いつ訪れるのでしょうか?

息子の表情のバリエーション


どうも、子育てイラストレーター(仮)の渡辺です。

息子も1歳5カ月になって
様々な表情をしてくれるようになりました。

中には思わず笑ってしまうものもあり



ヒョ〜の顔
亀みたいに鼻の下を伸ばして、口をすぼめて「ヒョ〜」って言います。
可愛いですね。

怒られた時のテヘッて顔
さーせん。みたいな顔をしてきます。
可愛いですね。

ニコニコ
これはいないいないばぁっ!の「にこにこんぱ」を歌う時に
ユキちゃんが「ニコニコ」ってやるんですがそれを真似するようになりました。
可愛いですね。


どうでしたか?
可愛かったですよね!
以上です。

(出典元:子育てイラストレーター(仮)渡辺貴博の『なべの素』


医師からのアドバイス


新生児の頃から新生児微笑と呼ばれる笑顔のようなものがみられ、生後2~3カ月頃からは楽しい時に笑うようになります。

すっぱいものや苦いものを口にしたときに嫌そうな顔をするといった反射的な表情ではなく、「笑ってみて」「悲しい時の顔は?」などに反応できるのは1歳を過ぎてからでしょう。

脳には人間の表情に強く反応する神経細胞があります。大人が様々な状況で、それにふさわしい表情をする様子を赤ちゃんに繰り返し見せるようにしましょう。


茨城県出身、育児とイラスト業の両立を目指し奮闘する渡辺貴博といいます。

2015年3月31日に長男が誕生。一児の父になる。子育て奮闘中!!!
毎日育児マンガ「子育てイラストレーター(仮)渡辺貴博の『なべの素』」をブログで更新しています。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法や専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子育てイラストレーター(仮)渡辺貴博の『なべの素』

もっと見る

育児特集の Q&A

もっと見る

あなたにオススメの健康チェック

健康チェックをもっと見る