胎児のストレスをチェック!NST(ノンストレステスト)の検査とは?【育児ブログ】

結婚7年目の旦那さん大好き奥様ようみん。さんの育児イラストブログ。

今回は「 NST(ノンストレステスト)」についてです。

NSTの目的や検査内容などを最後に詳しく解説します。

35週に里帰り


ども!ようみんです!

二人目妊娠中です
26週になりましたーーー!!!

ホント、早い!!

もうすぐ出てきちゃうわ( ̄▽ ̄;)

と、いうわけで・・・

ずっと描きたかった
ぷっちょの出産話を
描いていきます!!!

初めての妊娠に出産・・・

かっぴぃが産まれるまでに
残しておこうかと・・・

ゆっくり更新ですが
読んで下さると
嬉しいです



里帰りはギリギリの35週で
帰りました

今、思うとかなりゆっくり
帰ってるよな・・・と・・・( ̄▽ ̄;)

36週からNSTが始まりました。

NST(ノンストレステスト)とは

ストレスのない状態(陣痛がきてないとき)
に赤ちゃんが元気かどうか
チェックします

お腹には2種類のセンサーを
つけますおねがい

1つは、胎児心拍をとるセンサー

もう一つは、お腹の張りを
チェックするセンサーです

妊婦さんはボタンを渡されて
胎動を感じたら押します

だいたい30~40分ぐらいだったかなぁ・・・

途中で眠くなることも・・・www

お腹の子はとっても元気だったのですが・・・

36週で3000グラムを
超えていて、私も低身長ということも
あり・・・

帝王切開できるかどうかの
検査をすることに・・・・

帝王切開なんて考えても
なかったので

ちょっと焦ってしまいましたwww

とりあえず検査だけ
しておこうね、ということで

採血・・・

このときは

まだ自分の出産までの
道のりが長くなることは

全く予想してませんでした・・・・

(出典元:ママようび。


医師からのアドバイス


NSTは、CTG(Cardio Toco Gram: 胎児心拍陣痛図)という検査を、陣痛という胎児にとってのストレスがない状態で行い、胎児心拍数モニタリングを行うものです。

胎児が体を動かすと、血液の必要量が多くなるので、心臓の動きを活発にする信号が出て自律神経が作用し、心拍数を増やすのが正常の状態です。

つまり胎動を感じると同時に心拍数が増えるのが健康な状態です。また胎動がない時にも心拍数はある程度変動しているのが正常です。こういった反応があるかどうかから、赤ちゃんの元気さを推測します。

波形の判読には高度な技術が必要です。胎児が寝ていると胎動が起こらず、心拍数の変動が乏しくなるので、起きるまで待つか、お母さんの姿勢を変えるなどして胎児を起こすようにすることもあります。


30代で、結婚、妊娠、出産したようみんです!

2013年11月に帝王切開にて長女(ぷっちょ)出産。2017年4月に次女(かっぴぃ)出産。

二人の娘と、超マイペースの年下の旦那さんとの4人暮らし。「ママようび。」を更新中です。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法や専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ママようび。

もっと見る

育児特集の Q&A

もっと見る

あなたにオススメの健康チェック

健康チェックをもっと見る