子どもの食物アレルギー、大人になっても治りにくい食べ物って何?【育児ブログ】

理系出身夫妻の仲良し育児日記を綴るひいちゃんさんの育児イラスト。

今回は、「子どもの食物アレルギー」についてです。

成長するにつれてアレルギーが改善され食べられる可能性がある食べ物と、逆にアレルギーが治りにくい食べ物について、最後に解説しています。

回転寿司を食べに行きました



回転寿司を食べに行った時の漫画を描いてみました。

チェコは内陸国で、魚は肉よりずっと高く、しかも和食はすごく高級…
あってもベトナムの人がやってるお寿司屋さんだったので
(寿司&フォー(ベトナムのお米の麺)って感じ)
帰国したら絶対回転寿司に行くんだ~と思っていました(笑)

回らないお寿司に行くほどの余裕はなかったのですが
久々のお寿司、せめて100円寿司じゃないところで
すこーしだけ贅沢気分を味わおうという魂胆で…
と言っても、まぁ回転寿司なんですが(;^_^A

回ってるお寿司を見て、娘は大喜びでした°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

娘はアレルギーがあるので
玉子とかツナマヨ・コーンマヨなどの子供向け寿司は大体アウト
納豆巻きといなり寿司を食べて
「ぜーんぶおいしいね!」
と言われて、あぁ、まだこの子にとっては納豆巻きといなりがお寿司の全てなのかな
と思うと何ともいじらしく感じて…。
でも、食べられないものが多くて可哀想…と思うよりも
食べられるものを楽しく食べてくれることを喜んだ方が良いですよね。
アレルギー症状が改善したら、もうちょっと食べられるものも増えると思うし
もうちょっと大きくなったらもっともっと楽しく食べられたらいいなと思いました。


と、まぁ「回転ずしを食べに行ったよ」というだけの話なんですが
やっぱりみんなで食べに行くと楽しいですね(n*´ω`*n)

旦那もアレルギー持ちで
イカやタコがダメなんですがお寿司は大好き

義妹さん(旦那の妹さん)も魚介類のアレルギーがあるんですが
「アレルギーがあるからと言って気を遣って行ける店を決められるのは辛い
食べられないものは避ければいいし、どうしても嫌なら言うけどなぁ
それより、みんなで楽しく食べる方が大事!」
というようなことを言ってました

あれもこれも「ダメ・無理・可哀想」と決めつけず
様子を見て&準備をして何でも少しずつ試していけるといいなと思いました
何より「楽しく!」ですね(^▽^)

「アナゴやえび(蒸し海老ですね)はいかがですか?」と
コメントを頂きまして、次回は穴子に挑戦してみたいと思います♪

(出典元:親馬鹿ママのToDoリスト〜やっておきたい100のこと〜


医師からのアドバイス


子どもの食物アレルギーのうち、卵・小麦・牛乳・大豆は大人になるにつれて食べられるようになる(アレルギーが寛解する)可能性が高く、そば・魚類・ピーナッツ・果物・野菜は治りにくいと言われています。

幼児期にはアレルギーがなくても、学童期から成人に発症するアレルギーもあり、甲殻類・魚類・果物などがありますが、これらも治りにくいと言われています。

2000年にアメリカ小児科学会は「家族内にアレルギー患者がいるハイリスク児は2歳まで卵を食べないようにするべき」と発表しましたが、2008年には「卵を含めアレルギーを起こしやすい食材を食べないようにしても、アレルギー発症を予防できるという証拠はない」と正反対の声明を出しています。

逆に卵を食べ始めたのが生後4〜6カ月の場合より、7〜9カ月まで遅らせたほうがアレルギー発症リスクが4倍に増えたという研究もあります。今後も情報は変化していく可能性があります。


理系の同じ研究室だったことが縁で結婚した旦那との間に、結婚7年目にして待望の赤ちゃん誕生!

二人で相談しながら育児を楽しんでいます。プラハ在住。

親バカママのToDoリスト〜やっておきたい100のこと〜」を更新中です。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法や専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

親バカママのToDoリスト〜やっておきたい100のこと〜

もっと見る

育児特集の Q&A

もっと見る

あなたにオススメの健康チェック

健康チェックをもっと見る