女の子とも大人ともちがう…男の子の好奇心って凄い!【育児ブログ】

山口県在住の人気ママブロガーちゅいママさんの育児イラスト。

今回は、「男脳と女脳の違い」についてです。

男の子の夢中になるあの好奇心って、ある意味「才能」ですよね。

大人が入れない聖域みたいなもの。男ってすごい。


チャオーーーーー!!!!

昨日中に更新するといいながら今朝になってしまった~!
アメーバ君管理のも含めるとすす、すんごい数のコメント。
本当にたくさんの方に読んでいただいてるのだなぁと驚くとともに、
より文章を推敲していかないといけないなと再確認した次第です、ヒデブ!

はい!

なが~~い前置きをした上で、

私が男(脳)と女(脳)の違いというか、
男(脳)(以下略す)ってすげぇな。
男と女の根本的な何かが全然違うと感じたのは
なにもYouTubeのせいではない。

この夏、うちの子たち、とりわけ下二人のゆいたんほーちゃんは
明けても暮れてもザリガニを捕り続けた。

夏休みの始めの頃と夏休みが終わる頃を比べてみても、
驚くほど上達した。

そして、
夏休みが明けて新学期が始まったら、
今までどこかに潜んでいた近所の小学生たちがワラワラと外で遊ぶようになり、

ゆいたんほーちゃんがザリガニを釣っているのを見つけて、
彼らも覗きにやってきた。

もちろんその中には女子も含まれていた。

そして、私はこのザリガニを巡る一連の流れを数日間に渡りずっと観察しているのだけれど、

まぁとにかく、男子の生態っつーのは
おもろいんですわ。

まず最初。

やって来た初日は、
男子のみならず女子も一緒にザリガニ釣りをして遊んだりしていた。
男女問わずワイワイやっとったわ。

しかし、
何時間経っても、
何日経っても、
明日もあさってもしあさっても
毎日来るんは、

男子だけだった。。

学校から帰ってきたらみんなランドセル放り投げて即ザリガニ。(うちの子含む)
日が暮れるまでザリガニ。

初日と二日目はなにかしらの棒(竿とかいらんくなったモップの棒とか)に毛糸を結んで
その先にさきいかをくくりつけて釣っていたのだけれど、
二日目の時点で
目先の欲求に溺れてしまった二人が、

さきいかを全部食べてしまった。

(餌なくなってもたやん。
明日からどうすんねん。)

三日目からは冷蔵庫にいりこがあったのでいりこで釣ることにした。

もちろん近所の男子たちにも分け与えてやる。

毎日容器に山盛りのザリガニを釣る彼らたち。
容器の中はうっじゃうじゃ!!
ザリガニの上にザリガニがいて、さらにその上にもザリガニがいる状態。

(うーわ・・。そんなに詰めたらザリガニ死ぬで。)

一言:「ザリガニ、死んじゃうよ。」
とだけ言ったけれど、

もちろん男子たちの素敵なお耳には届かない。

そして、
私は「蓋」をすることをやめた。

要するに、ほっとくことにした。

※ここからは「いいか悪いかは別として」の話になるので、
気になってしまう方は読まないほうがいいと思います。

大量に釣ったザリガニをどうするのかというと、

少年たちがおもいおもいに遊ぶ。

もうすでに山ほどザリガニが入っているというのにも関わらず、
釣れるものはとことんまで釣る奴。

そして飽和状態のザリガニ箱の中でさらに釣る奴。

道の端に立っている手すりの上に
ザリガニを乗せて
どのぐらいそこに乗っていられるのかを競う奴。

(何やねん、その競技・・・。)

当然ザリガニはポトポト地面に叩きつけられるわけだけれど、
拾い上げてはまた手すりに乗せる。

(ザリガニからしたら大迷惑。)


ザリガニのハサミを指で上下から挟み、

ピーン!となったザリガニをつまみあげて、

「無敵!」と言ってドヤ顔してる奴。

(小6でもまだまだアホやなと私は悟った。)

自転車で思わずザリガニを

踏んでしまう奴。

A「おまっ大丈夫かぁ!!」
B「わ!!死んだ?」
A「い、いや、死んではない。いや、死んだか。」
B「いや、死んではない。」

(ということにしておこう)

ザリガニで
こんなにも遊べる男ってすごい。

そして、しばらくはいりこで釣っていたのだけれど、

だんだんと「いりこください」「いりこください」「いりこください」と
次から次へと我が家へいりこを求めにやってくるという
いりこクレクレ現象が起こり始めたため、
「いりこはもうやらん」と
終わりを告げた。(閉店)

「はーい!わかったー!」と去っていった男たち。

今時の子供は非常に素直である。

いりこがもらえなくなった男たち。

どうしたのかというと、

ザリガニをバキバキにちぎって

その身をくくりつけて釣り始めた!!

共食いである。

一応大人である私としては当然揺らぐ。

命を大事にしなさいとか、やめなさいとか、
言ったほうがいいのだろうか。

いや、でも、釣りってそもそもそういうもんやしな。

ザリガニをバキバキにしてザリガニを釣るこの子たちが、
命の大切さをわかってないかというと
そんなことはないはずだ。

で、

バキバキにしたザリガニでザリガニを釣り、

さんざん釣ったらまた元いた場所にリリースして家に帰る。

そして、ザリガニバキバキの次に編み出した技は、

小石を餌に見立てて釣る方法。

彼らはついに小石でザリガニが釣れるようになった。(コツがいる)

私は単純に感心した。

もしかしたら、
ザリガニの釣り方を調べれば餌がなくても釣れるのは当たり前のことなのかもしれないけれど、
この子たちは
大人に頼めば貰えていたするめ&いりこがなくなった!っていうスタートラインに立ってようやく自分たちで動き始めた。

「じゃぁ、どうすれば自分たちの力だけで釣れるか」
「ザリガニでやってみよう」
「いや、待てよ。そもそも餌じゃなくても小石を餌に見立てれば釣れるんじゃないか」
「石でも釣れるやん!」

とあの手この手でトライしていった探求心が
非常におもしろいと思った。

たかがザリガニの話でどこまで広げんねんって感じだけれど、

世の中の文明が発達してきたのって
男の好奇心のおかげだな、とさえも思った。

そして四日目あたりには、

朝の七時にインターホンが鳴って。

ななな、何事!!!!と思って出たら、

ザリガニ釣りのお誘いだった。

もう一度言うが
朝の7時である。

早すぎやろ!!!

え。どうすんの?ちゅんたん。
行くん?自分で決め。

と言ったら

そそくさと用意をして、

朝の一釣りに出掛けていった。

(どんだけ)

そして学校から帰ってきてからもまた釣り。

そして翌朝も7時にまた釣り。

一体どこまで続くかなと思っていたら、

朝釣りはとりあえず三日ほどでおさまって、

今度は朝釣りがなくとも
一緒に登校するようになったのだ。

ほぉぉ~~。
こうやって友達って出来ていくんだな。

と大人の私が忘れかけていた何かを思い出させてくれるような、
ひとつのドラマを見ているかのような

そんな気分にさえ私は今させてもらっている。

あぁ。

・・・かわいい!!!

子供、

かわいい!!!!(はぁ?)

なんかもうさ、

時折、子供の世界に心洗われるわ。

遊びたい!っていうエネルギーに心洗われる。

雨降ってんのにびちょびちょになりながらザリガニ釣ってんとか見たら、
おいおい風邪ひくでとか思うけど、
彼らからしたら風邪なんかひいてでもいいから今ザリガニが釣りたいわけで。

そんなに釣ってどうすんのとか思うけど、
とにかく今ザリガニが釣りたいわけで。

大人の価値観と離れたところで
とにかく今それに夢中になってる子供たちの世界が
時々たまらなくかわいく感じる。

し、
それをそっとしておきたくなる。

いいか悪いかは別として。

そして、

子供の世界と言ったけれど、

時々、

川でもなんでもない
道路脇のドブから

大人の男でも
竿かかえてにょきっと出てきたりするから、

大人になってもかわらんのかーーい!って思う気持ち半分と、

好奇心を持ち続ける性質に
純粋にすげぇなって思うのであった。

(出典元:kosodatefulな毎日 ~我が家の3太~


医師からのアドバイス


男の子が遊びに真剣に集中力を持って取り組み、試行錯誤しながら好奇心を追求し、友情をはぐくむ過程がよく分かります。遊びを通じて学ぶことは多く、早起きしてもやりたいと思えるほど熱中できるのは立派な才能です。

ザリガニ取りで気づいたこと(季節による数の変動、エサによる食いつきの違いなど)をまとめ、生じた疑問を本で調べ、グラフやイラストを添えて、模造紙にまとめれば立派な自由研究になります。

3分などと時間を決めて、家族の前で発表してみれば、プレゼンテーションの練習にもなります。


全国をさすらう転勤族一家。
現在、山口県在住★
三兄弟の育児に奮闘中。

kosodatefulな毎日 ~我が家の3太~」で育児ブログを連載中。
2016年12月に育児ブログが本としても出版されました。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法や専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

kosodatefulな毎日 ~我が家の3太~

もっと見る

育児の Q&A

もっと見る

あなたにオススメの健康チェック

健康チェックをもっと見る