赤ちゃんのイヤイヤ期を乗り切る!ヨイショ作戦のすすめ【育児ブログ】

手芸とマンドリンが趣味の主婦ブロガーあま田 こにーさんの4コマ漫画。

今回は、「イヤイヤ期の対処方法」についてです。

こにーさんと医師による赤ちゃんのイヤイヤ期への向き合い方、必見です。

ヨイショ!


さて、記念すべき100話目は
最近のあーすけ君の様子。
1歳10か月くらいです。
イヤイヤ期、まっさかり☆

全力でヨイショ!!
芝居もばっちこい!!

…甘いですか?(笑)

もちろん、
危ないとか人を傷つけるとかこちらが譲れないようなことは
ビシッと言うようにしていますが。

きっとイヤイヤ期の子たちって
彼らなりに複雑な感情を抱えていて、
だけど
まだ言葉にしたり折り合いをつけたりできなくて、

そんなモヤモヤ・イライラした気持ちを
不器用だから全部「いやだ!」って表現してるのかな、
と思うのです。

そんな彼らの気持ちを
何でもかんでも「いけません」「ダメよ」「言うことききなさい」で処理するのは
ちょっと気の毒な気がしておりまして。

自分(子ども)が野菜を食べない
→大人に怒られる
→仕方なく食べる
→褒められる…けど仕方なく食べたからモヤっとする

よりは、

自分(子ども)が野菜を食べない
→大人に食べられるんじゃない?とヨイショされる
→乗せられて自ら食べてみる
→褒められた!

のほうが、
結果は同じでも
「野菜を食べられた」ときの本人の気持ちがイイ感じだから
将来お野菜を食べるときにもイイ気持ちで食べられるのかな、
と考えての
お芝居ヨイショ作戦でございます。

(こにーもシソを克服したのは二十歳過ぎてからだし、
 実はおネギやミョウガは未だに苦手だし…。
 大人は「理性」で苦手なものもある程度食べているわけなので
 苦手なこと自体は悪いことではなくて、
 大きくなってから「それでも全く手を付けない・ペッと吐くのはダメだよな」と
 思える子になれれば合格かな~と。)

しかしこのヨイショは
とっても体力を使うのでした…!
こちらに余裕がないとできません。
余裕がないときはこんな風にはできていません…とほほ。

(出典元:こにっき~マンガ・主婦と子育てとマンドリン~


医師からのアドバイス


1歳半から2歳ごろ、わがままな行動が増える時期をイヤイヤ期や第一次反抗期と呼びます。こうしたいという要求があるのに言葉でそれを伝えられないことが原因と考えられています。ヨイショして大げさにほめ、気分を良くさせたり、一旦その場から離れさせて気分転換をさせたり、一人にしてクールダウンさせたりといった対策が考えられますが、親も「こうしなければ」というしつけに関するこだわりを捨てたほうが楽になるかもしれません。


“変わっている”ことに定評のある主婦。(どう変わっているかは本編でご確認ください…)

静岡出身、愛知在住、AB型のアラサー。2015年に長男を出産し育児奮闘中です。

ブログでは現在育児ネタを中心に、同じく“変わっている”夫、趣味のマンドリンなどについて
こにっき~マンガ・主婦と子育てとマンドリン~」で4コマ漫画を中心に日常を描いております。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法や専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こにっき~マンガ・主婦と子育てとマンドリン~

もっと見る

育児特集の Q&A

もっと見る

あなたにオススメの健康チェック

健康チェックをもっと見る