か・・・かわいすぎる!!我が子の言いまちがいコレクション【育児ブログ】

マンドリンと手芸が趣味の主婦ブロガーあま田 こにーさんの育児4コマ漫画。

今回は、「子どもの言いまちがい」についてです。

思わず笑ってしまう子どものかわいい言いまちがい。正すべきかそのままか、ちょっと気になりますよね。

言いまちがい


最近のあーすけ君の様子。
2歳2か月くらいです。

うちの子、可愛いですよ…!


「雲が、くもくもしてるねぇ。」…?!
なんだそれ!可愛すぎるぞ!!

絵本で出てきた「雲がもくもく」というフレーズと
現実の雲の様子が
頭の中でつながったようなのですが、
モクモクのことを「くもくも」と言い間違えています…!

狙って言っているわけじゃないのに
どうしてこうも可愛らしいんでしょうね…。

こういうのって
ある日突然正しく言えるようになってしまうので、
楽しむなら今のうちかなぁと思っております。
(新幹線のことを「かんせんせん」と言っていたのも
 いつのまにか正しく直ってしまっていたし…)


ちなみに
子どもの「言い間違い」のパターンって、

・音がひっくり返るパターン
例)おこさまランチ⇒おさこまランチ

・音素がひっくり返るパターン
例)テレビ(terebi)⇒てべり(teberi)

が多いそうですよ!

(音素とか…大学でかじったけど…ほぼ忘れちゃったなぁ…)
(このひっくりかえる現象で説明できる理論か何かがあった気がするけど…忘れちゃったなぁ…)

(出典元:こにっき~マンガ・主婦と子育てとマンドリン~


医師からのアドバイス


「とうもろこし」を「とうもころし」、「リハビリ」を「リハリビ」、「おくすり」を「おすくり」などという、文字の順番が入れ替わるような言い間違い(音位転倒)は、子供だけでなくよく見られるもので、「山茶花」はもともと「さんざか」と呼んでいましたが、「さざんか」と読む間違いが頻発し、今ではさざんかと読むのが普通になっています。「雰囲気」を「ふいんき」と読む間違いも大人でもよく見られます。言い間違いは強くとがめず、子供が「おすくり飲んだ」と言ったら、「おくすり飲めたのね」と正しく言い重ねることで自然と修正されていくと思われます。


“変わっている”ことに定評のある主婦。(どう変わっているかは本編でご確認ください…)

静岡出身、愛知在住、AB型のアラサー。2015年に長男を出産し育児奮闘中です。

ブログでは現在育児ネタを中心に、同じく“変わっている”夫、趣味のマンドリンなどについて
こにっき~マンガ・主婦と子育てとマンドリン~」で4コマ漫画を中心に日常を描いております。
  • この記事は、医療・健康に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • 専門家の皆様へ。記事の内容について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こにっき~マンガ・主婦と子育てとマンドリン~

もっと見る

育児特集の Q&A

もっと見る

あなたにオススメの健康チェック

健康チェックをもっと見る