返事くらいしなさい!うんともすんとも言わない子どもたち【育児ブログ】

三兄弟の育児の様子をシュールに描くヒヨコ母さんさんのイラストブログ。

今回は、「あいづちの打てない子どもたち」についてです。

後半では、会話のキャッチボールのコツを医師が解説しています。

ウンスンウンスンウンスンウンスン(無限)


小学校の学級懇談会などで話題になるのですが、最近の子供達は相槌など、会話のキャッチボールが苦手な子が多いようです。そのため授業中の友達の発言に対して、ちゃんんとリアクションをとるような指導がされています。(ま、うちの学校だけかもしれないですけれども)我が家の子供達もまぁ御多分に洩れず、相槌の打てない子達であります。


もういいです。私が悪いんですよね!!ウンスンじゃわかんないもんね!!!!

くそぅ………なんだこの敗北感は……私は全然間違ってないのに。めっちゃ間違ってるみたいじゃないかい!!!!

相槌の問題は何も解決しなかった…………

(出典元:ヒヨコ母さんの子育て術


医師からのアドバイス

室町時代にポルトガルから伝わったカード遊びを日本でアレンジした「うんすんかるた」という遊びがあり、「うん」は1、「すん」は最も大きい数を表します。これが「うんともすんとも」という言葉の語源という説があります。あいづちには「はひふへほ(はぁ~なるほど、ひぇ~、ふーん、へー、ほぉー)」や「あいうえお(あぁ、いいね、うん、えぇ、おぉ)」などがあり、これらを意識して、子供の話を聞くときに、親がバリエーション豊かなあいづちを使ってみるとよいかもしれません。


6歳と2歳と0歳の子育て中、3児の母である私。

ヒヨコ母さんが日々面白かった出来事を漫画で綴る日常理不尽漫画「ヒヨコ母さんの子育て術」ブログです。

これを読んで「子育てって面白いんだな」「私もやってみよう」など、色々感じていただければ幸いです。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法や専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヒヨコ母さんの子育て術

もっと見る

育児特集の Q&A

もっと見る

あなたにオススメの健康チェック

健康チェックをもっと見る