悩ましい…産後サポートをどこに頼むべき?【育児ブログ】

ご自身の妊娠出産体験をストレートに描くイラストレーター龍たまこさんの育児ブログです。

今回のテーマは「産後サポート」についてです。

身内や外部の人に頼むにしても、あれこれ考えてしまって決めかねますよね。

どうする?3人目の産後サポート①(5コマ漫画)


どこに行っても大きなおなかなので

色んな人に話しかけられる

もうすぐですかー?(37週です…)

双子ですかー?(ちがいますっ)

随分お腹も下がったんだけどまだまだ

産まれそうにないなぁ…

さて今日は三人目妊娠記録です!!

今までの妊娠記録はこちらから~☆

三人目の産後のサポートをどのようにするか

考えていたころのお話です

2~3回でまとめます~

(産まれちゃうまでには・笑)

では、どうぞ!!





1人目の時は里帰り出産で

2人目の時は九州から母に来てもらいました

「うつからの~2人目出産記その29」

で、今回どうするか…

県内に住むお義母さんに頼む

選択肢もあるんだけど

お義母さんはとっても気が利く人で

気が利きすぎるゆえにちょっと

わたしには重荷に思えることもあったりしてヽ(;´ω`)ノ

(ほら、わたしズボラな嫁だから…)

たまにならいいんだけど、

長時間お世話になるとなぁ~~~

で、うちの母は母で、父と毎日楽しく暮らしてるし

趣味にも忙しいし、年もとったし…

前みたいに1カ月も来てもらうのもなぁ~と

色々と考えて悩んでいました

続きます

(出典元:規格外な夫~セロトニンが、足りません~


医師からのアドバイス


現二人目以降の出産で、上の子が保育園や学校に通っている場合、長期間の里帰りは難しく、また一人目の出産時に比べて親も高齢になっているため、身内のサポートなしに産後を過ごすことになる場合もあります。家事のヘルプだけであればヘルパーや家政婦サービスを依頼することができますが、朝夕に保育園の送り迎えが必要な場合にどうするかなども考えておく必要があります。出産は日程が読めず、産後の自分の体調や赤ちゃんの状態も予測できないため、予定をあらかじめ組むことができません。そのため複数の手段を考えておく必要があるかもしれません。


ムスメとムスコを持つ二児の母。イラストや漫画を書くのが好き。育児ノイローゼから這い上がってきました。

規格外でもいいじゃない!!」を更新中。

実話をもとにした創作です。強迫性障害の家族の立場からの漫画として、読んでいただけると幸いです。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法や専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

規格外でもいいじゃない!!

もっと見る

育児特集の Q&A

もっと見る

あなたにオススメの健康チェック

健康チェックをもっと見る