一家で大パニック!カメムシ誤飲事件【育児ブログ】

3人のお子さんと賑やかに暮らす人気イラストレーターちゅいママさんの育児ブログ。

今回のテーマは「誤飲」です。

後半では、誤飲時の対処法について医師が詳しく解説しています。

【後編】こんなことある~~!?お誕生日の惨劇。


チャオーーーーー!!!!

楽しい楽しいお誕生日パーピイーが、
一気に、

お通夜化。

なんたる・・。

(ここから読んだ方は一個前に戻って前編からお読みください)

口をゆすぎ続けるちゅんたんに、

私:「う~~~わぁぁぁぁ!!
なんで!?なんでなんで~~~!?
かわいそすぎる!!!」

私:「かわいそすぎる!!
かわいそすぎる~~~!!!」

かける言葉なさすぎて、
かわいそすぎるって100回ぐらい言うたわ。
(同情)

うがいをしたところで取れない(らしい)カメムシ臭。

チョコレートをあげてみる。
・・・まだとれない。

もう一個あげてみる。
・・・・まだとれない。

歯磨きしてみる。
・・・・とれてんのかもしれないけど、
とれてないような気がする。

ね・・ねえ。
ちょっと聞いていいですか?

カメムシ食べた時、
どんなんやった?

ちゅ:「あのね・・・

カリっていった。」

ひ・・ヒィヤァァァァ!!!

ちゅ:「そしてね、

苦かった。」

ヒィィィィィヤァァ!!!

ちゅ:「そして、

むっちゃ臭い。」

ヒィヤァァァ!!!

カリっ・・・ジュワッ・・・ふわぁぁぁ~~!!!

なんて日だっ!!!

しかし、
ちゅんまるは負けない。

カメムシになんて負けてたまるか!!

私:「ちゅんたん!!!

お誕生日の日に大好物のもの食べたら、
カメムシまで食べちゃったなんて人、
きっと日本に一人しかいないと思うよ!!」

鉛筆の芯がが瞼にめりこんで抜けへんくなって
全身麻酔で手術した子もめったにいないと思うけど、
誕生日にアクシデントでカメムシ食べちゃった子もなかなかいないと思う。

ていうか・・・・

なんて持ってない男なんや君は(血涙)

ちゅ:「そうだよね。

こんな人めったにいないよね。

あ、そうだ、ママ~~~。

ギネス登録目指そうよ!!

誕生日にカメムシ食べた人って。」

おぉ!!ちゅんまる!!
そうだ!いいぞいいぞ!!
その調子だ!!

最悪なことだって
笑いにしてしまえば
たいていどうにでもなる!!
すべては捉え方次第だ!!

ちゅ:「ママ、ギネス申請してよ~~」

ぃよっ!!!

ポジティブ!!

よ~~~し。
お母さんギネスに電話したろ!!!

ちゅ:「明日、

学校でネタにしよ。」

そうだ!!
その調子だ!!!

カメムシ食べたやつなんて
そうそういないぞ!!
英雄だ!!

ちゅ:「はぁぁぁ。

最悪だった~~~!!!」

そう言いながら、
ミルクレープは美味しい美味しいとおかわりまでして食べてくれまして。
(よい子(号泣))

「ママ、大好き~~」と告げて、

お眠りになられました。

いーーーーね!!!
切り替え良~~~し!!!

あぁ・・それにしても
なぜこんなことが。

・・・・・あ。

夕方洗濯物取り込む時に
網戸開けてたからかな・・・。(ぎくっ)

しかも、
お野菜を少しでも食べさせようと
いつもより多くネギとニラを入れた親心が仇となって
緑色のカメムシをより見つけにくくさせてしまったのかもしれない。

もしかして・・・

私のせい???(ぎくっ)

ある意味、
私にとっても
ちゅんたんにとっても、

一生忘れないお誕生日になりました。

カメムシの残像が残るちゅんまるくんに、
温かなエールをいただけると嬉しいです。
もしくは
同じ体験したよ!って方がいらっしゃれば、
是非お待ちしております。
傷を舐め合いたいです。

(追記)さっそくコメントありがとうございます!
そして、結構皆さんいろんな物食べててビックリしてます!(笑)
ええええー!食べたことある人、こんなにいるの?!!(笑)出るわ出るわ、、。

(出典元:kosodatefulな毎日 ~我が家の3太~


医師からのアドバイス


何かを飲んだ・誤食した場合にどのような害があるかを調べるのに医師が使っている「日本中毒情報センター 中毒情報データベース」には、殺虫剤を飲んだ場合やムカデに刺された場合の情報は載っていましたが、虫を食べるとどうなるかは記載がありませんでした。しかし子供がミミズ・カブトムシ・ダンゴムシ・セミなどを口に入れるというのは起こりそうなことです。ハチの子やイナゴは今でも食べることがあり、昆虫食は今後の世界的な食糧難を解決する一つの方法とも考えられていますが、寄生虫や雑菌、農薬の付いたエサを食べていないかなどの心配があります。とりあえず食べてしまったら可能な限り吐き出させ、うがいや歯磨きをし、嘔吐や下痢がないか数日様子を見て、症状があれば小児科を受診ということになります。


全国をさすらう転勤族一家。
現在、山口県在住★
三兄弟の育児に奮闘中。

kosodatefulな毎日 ~我が家の3太~」で育児ブログを連載中。
2016年12月に育児ブログが本としても出版されました。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法や専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

kosodatefulな毎日 ~我が家の3太~

もっと見る

育児の Q&A

もっと見る

あなたにオススメの健康チェック

健康チェックをもっと見る