想像以上に強い?!赤ちゃんの握力について【育児ブログ】

三兄弟の育児に奮闘中のママヒヨコ母さんさんのイラストブログ。

今回は、「赤ちゃんの握力」についてです。

後半では、医師が赤ちゃんの反射について解説しています。

赤子の握力は結構ある


赤子は握ったものはなかなか放しません。そのせいで電車の中で慌てる羽目に……。


あわや乗り過ごしだった!!!

最終的には爪でベリって引き剥がして慌てて降りました。ちょっと車内で恥ずかしかった……。

手すりって綺麗じゃないからあんまり触らないでほしい気持ちでいっぱいなんだけど、まぁ、私も触ってるし、触りたくなるよね。

しかし楽しそうだったなぁ。

(出典元:ヒヨコ母さんの子育て術


医師からのアドバイス

新生児で見られるモロー反射や把握反射は、人類が木の上で暮らすサルだったころ、木から落ちると命にかかわるため、落ちそうになると反射的に手を伸ばし、手に触れたものを握ることが生存に有利だった名残ではないかとも言われています。
首座りのころには、仰向けに寝かせて大人の指を握らせて引き上げると、上体と首を持ち上げることができるので、自分の体を持ち上げるのに耐えられる握力は赤ちゃんにもあると思われます。赤ちゃんの手でも握れるような細い持ち手のガラガラなどを握らせてあげると、一人で遊ぶことができ、手や指の力の練習になるかと思います。


6歳と2歳と0歳の子育て中、3児の母である私。

ヒヨコ母さんが日々面白かった出来事を漫画で綴る日常理不尽漫画「ヒヨコ母さんの子育て術」ブログです。

これを読んで「子育てって面白いんだな」「私もやってみよう」など、色々感じていただければ幸いです。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法や専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヒヨコ母さんの子育て術

もっと見る

育児特集の Q&A

もっと見る

あなたにオススメの健康チェック

健康チェックをもっと見る