子どもが順番を守らないとき、親ができることとは?【育児ブログ】

愛知県在住の主婦ブロガーあま田 こにーさんのイラストブログ。

今回のテーマは、「子どもが順番を守らない」です。

順番を守るマナーの大切さをどのように伝えたらよいのか、迷う親御さんも多いのではないでしょうか?

1歳児の悩み


ちょっと間があきましたが、
子ども同士の「とったとられた」「貸す貸さない」問題のオハナシ。

前々話で「やられキャラ」、
前話で「感謝激怒キャラ(?)」、と、
着々と進化を遂げてきたあーすけ君。

その後はこんな風になりました!
1歳10か月~2歳手前くらいの様子です。

※ちなみに1歳半あたりから
あーすけは自分のことを『あっきー』と呼びはじめました(笑)。

Eテレの乳幼児向け番組「いないいないばあっ!」に
『じゅんばんばん』という歌がありまして。

お友達と1つのものを使うときは
「じゅんばん」に仲良く使おうね☆
というテーマの歌です。

キャッチ―で可愛らしくて、
おなじみのキャラクターが実際に「じゅん・ばん・ばん」に遊ぶ映像もついているので
小さい子にもとってもわかりやすく、
あーすけも気に入っている様子です。

ところが。

まさかの、
ずっと俺のターン!!!宣言。

こにーと二人で遊ぶときは
「あっきーの、つぎは?」とこにーがきくと
「かーちゃん♪」と答えてくれるので、
歌詞を勘違いしているというわけではないようなのです。

母にはイイけど、
おともだちには貸したくない。
だから、
あっきーの次は、あっきー。

とんだジャイアン発言をするようになったものです…!!

いまのところあーすけは
この「ジャイアンキャラ」で止まっています。
(※発言は強気ですが実は気が弱いのですぐ泣きます)

この後どうなっていくのか…
また変化があったら漫画にします☆

(出典元:こにっき~マンガ・主婦と子育てとマンドリン~


医師からのアドバイス


子供にとってはお友達に順番を譲っても何も良いことはありませんし、他人を思いやるという思考回路もないので、自分が欲しいと思ったら、迷わず奪い取ります。3~4歳ぐらいになってルールの理解が進むと、順番を守ったり他人とコミュニケーションを取ったりしながら遊ぶことができるようになってきます。譲ることでおもちゃは失うが、親に褒められる・次の機会には自分も譲ってもらえるといった利益を得られることを繰り返し学ばせることも必要かもしれません。


“変わっている”ことに定評のある主婦。(どう変わっているかは本編でご確認ください…)

静岡出身、愛知在住、AB型のアラサー。2015年に長男を出産し育児奮闘中です。

ブログでは現在育児ネタを中心に、同じく“変わっている”夫、趣味のマンドリンなどについて
こにっき~マンガ・主婦と子育てとマンドリン~」で4コマ漫画を中心に日常を描いております。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法や専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こにっき~マンガ・主婦と子育てとマンドリン~

もっと見る

育児特集の Q&A

もっと見る

あなたにオススメの健康チェック

健康チェックをもっと見る