気がついたら涙が…辛すぎるワンオペ育児【育児ブログ】

2人の可愛らしい娘さんのママであり人気ブロガーのひーたむさんのイラストエッセイ。

今回のテーマは「ワンオペ育児疲れ」です。

疲れ果てたひーたむママへ、次女ふーちゃんがとった行動とは・・・?

ワンオペ育児につかれて自然と涙した私に娘がしてくれたこと


少し前のことです。

夫が土日いない日が 2週間あり、ワンオペ育児が続いたとき、つかれている自分に気づきました。

とてもつかれていたのだと思います。自然にぽろぽろと涙が出てきました。

すると次女がやってきて、突然バシッと顔をたたかれました。

それからウェットティッシュで、私の涙をやさしくなんどもぬぐってくれました。

泣くなっていいたかったのかもしれません。ずっとふいてくれました。気づくと私の涙は止まっていました。

(出典元:リンゴ日和。


医師からのアドバイス

一人で子供の生活すべてに関する責任を24時間負い続けていると、気の休まる時がなく、想像以上に疲れが溜まってしまいます。保育園の一時預かりなどのサービスは人気が高く予約がいっぱいだったり、預かってほしいときに利用できるという気軽さがありません。融通の利くベビーシッターや託児所は高額だったり、安全・衛生面に疑問があったりして、利用をためらうこともあります。「働いてお金を得るために託児を利用するのは仕方ないと思うけど、自分が休むために子供に負担をかけるのは申し訳ない」と思ってしまう場合もあります。つらい時につらいと言える相手を作ったり、ブログで思いを発信するというのもストレス解消に役立つかもしれません。


姉妹の母による育児絵日記と日々感じたことなどをつづるブログ「リンゴ日和。」です。子育てのあいまに更新中。ワニブックスより「あのね、わたしがねちゃってても、あとででいいからだっこして 」発売中。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法や専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リンゴ日和。

もっと見る

育児特集の Q&A

もっと見る

あなたにオススメの健康チェック

健康チェックをもっと見る