出産直前まで続く吐きつわり~出産編~【育児ブログ】

奥様の出産までの道のりを連載してお送りしている、育児ブロガー渡辺貴博さんの4コマ漫画も第6回目を迎えました。

いよいよ奥様の陣痛もひどくなり「吐きつわり」もピークに…。

旦那様である渡辺さんの奮闘ぶりにも注目です。

ツマハク


どうも、子育てイラストレーター(仮)の渡辺です。

食い意地を張って、肉団子を食べた妻。

残りは全部俺の元へ…僕自身、食べ過ぎて腹を壊したくなかったので満腹にならない程度に食べて残りは残してしまいました。
申し訳ないです。

その後、再び陣痛が来始めた妻に悲劇が…

吐いちゃったね。

いや〜この日は、今までの人生で一番たくさんナースコールを押した自信があります。

ここからは妻も喋れないくらい陣痛がひどくなってきます。
出産を控えている人は心してみてください。

次回、乞うご期待!!!

今回の出産シリーズは少しでも多くの妊婦さん、それをサポートする旦那さんに見ていただきたいと思っています。
どうぞよろしくお願い致します。

(出典元:子育てイラストレーター(仮)渡辺貴博の『なべの素』


医師からのアドバイス


陣痛の痛みや緊張感、恐怖感、睡眠不足による疲れなどから、吐いてしまう方は珍しくありません。出産直前まで吐きつわりが続くために分娩台でも吐き続けていたという方もおられます。

吐くのが怖くて何も口にしないと、かえって濃い胃液を吐いてつらいことになりますので、水分やゼリー飲料など口当たりのよいものを陣痛の合間に口にするようにしましょう。

ただ、満腹になるまで食べると、嘔吐物が気管に入ったり、もし帝王切開になった場合に手術中に吐いてしまうことになることもあるので、少量ずつ食べるようにしましょう。


茨城県出身、育児とイラスト業の両立を目指し奮闘する渡辺貴博といいます。

2015年3月31日に長男が誕生。一児の父になる。子育て奮闘中!!!
毎日育児マンガ「子育てイラストレーター(仮)渡辺貴博の『なべの素』」をブログで更新しています。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法や専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

育児の Q&A

もっと見る

あなたにオススメの健康チェック

健康チェックをもっと見る