生魚やアレルギーに要注意。子どものお寿司デビューについて【育児ブログ】

人気イクメンイラストレーターの渡辺貴博さんの育児ブログ。

今回のテーマは「子どもの寿司食」です。

お子さんが小さなうちは安全に楽しめるメニューを選びたいですね。

回転寿司に行こう


どうも、子育てイラストレーター(仮)の渡辺です。

先日、給料が入ったので家族で回転寿司に行きました。

回らない寿司でなくても、僕らにとってはかなりの贅沢なのです。

息子にはまだできるだけ生魚は与えないようにしているので

納豆巻きや玉子をチョイス。

あっくん、どうぞ召し上がれ!!

と思ったら、すぐに口からべ〜っと出してしまいました。

この時の僕の心境は

ぎゃー!!俺の稼いだ金がこぼれ落ちて行く

でした(笑)

結局この後、うどんを頼んだのですがそれもダメで

悩んだ末に

ポテトとハンバーグ寿司で落ち着きました。

デザートにプリンも食べて

息子は大満足。

でも、これって寿司屋に来た意味あるのかな??

(出典元:子育てイラストレーター(仮)渡辺貴博の『なべの素』


医師からのアドバイス


寿司や刺身を何歳から食べさせるかについてははっきりした決まりはなく、衛生的に処理されているかどうかによっても、食べさせて良いかどうかは異なってくると思います。生魚でなければ摂れない栄養というのはないので、安全を期すなら3歳ぐらいまでは食べさせる必要はないと思います。特に、アレルギーを起こしやすいサバなどの青魚、ノロウイルス感染の可能性がある牡蠣などの二枚貝、噛み切りにくくのどに詰まらせやすいイカ・タコなどには注意しましょう。カニ・エビなど甲殻類へのアレルギーは、子供のころだけではなく大人になってから発症することもあります。初めて食べる際には、体調の良い時に、よく加熱したものを少量から試していくようにしましょう。


茨城県出身、育児とイラスト業の両立を目指し奮闘する渡辺貴博といいます。

2015年3月31日に長男が誕生。一児の父になる。子育て奮闘中!!!
毎日育児マンガ「子育てイラストレーター(仮)渡辺貴博の『なべの素』」をブログで更新しています。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法や専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子育てイラストレーター(仮)渡辺貴博の『なべの素』

もっと見る

育児特集の Q&A

もっと見る

あなたにオススメの健康チェック

健康チェックをもっと見る