年の差の姉弟喧嘩は成立するの?仲裁のコツを解説【育児ブログ】

ヒヨコの姿のままで育児に奮闘する姿が微笑ましい、ヒヨコ母さんさんの連載漫画「ヒヨコ母さんの子育て術」。

今回は「姉弟喧嘩」のエピソードです。

やはりお姉ちゃんは強し!? それとも弟の方が…。喧嘩の意外な効果や、仲裁のコツを医師が最後に解説していますので、最後までお楽しみに!

2人は険悪!?白鳥のエサによる姉弟の喧嘩の行方


■ 生後3カ月の赤ちゃんだって遊べるよ!!
ゆいちゃんは6歳、けいすけくんは2歳。

外遊びの時は喧嘩になりませんが、家のオモチャで遊ぶと喧嘩率は75パーセントまで跳ね上がります。

基本、ゆいちゃんにお姉ちゃんらしさを求めたりすることはないので、同レベルでお互い喧嘩しております。



■ 4歳差での積み木遊びは無理
積み木とか、レゴとかは一緒に遊ぶのは難しいようです。

しかし、白鳥のエサで思わず吹き出してしまう私なのでした。

(出典元:ヒヨコ母さんの子育て術


医師からのアドバイス


きょうだい喧嘩はどちらに肩入れする訳にもいかず、仲裁する親は大変ですが、きょうだいと喧嘩したり仲直りしながら社会性が身に付いていくので、貴重な体験と言えます。

自分の言い分を親に言う力や、落としどころを見つける力、謝罪して仲直りする力、自分の気持ちを立て直す力が身に付き、学校生活や将来の社会生活でも役に立つことでしょう。

仲裁の際には「お兄ちゃん・お姉ちゃんだから」「弟・妹のくせに」などと言わないようにしましょう。

きょうだいの構成や生まれ順は、子どもにとってはどうにもできないことであり、親から押し付けられた事情です。好きでお兄ちゃんに生まれたわけではないのに、それを理由に我慢を強いられると納得いかない気持ちが残ります。


6歳と2歳と0歳の子育て中、3児の母である私。

ヒヨコ母さんが日々面白かった出来事を漫画で綴る日常理不尽漫画「ヒヨコ母さんの子育て術」ブログです。

これを読んで「子育てって面白いんだな」「私もやってみよう」など、色々感じていただければ幸いです。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法や専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヒヨコ母さんの子育て術

もっと見る

育児の Q&A

もっと見る

あなたにオススメの健康チェック

健康チェックをもっと見る