赤ちゃんは「音」に敏感!泣き出すのを回避する方法とは?【育児ブログ】

生まれたばかりの赤ちゃんにとって、外の世界は初めてのことばかりで、泣くのがお仕事でもありますよね。

育児ブロガーあま田 こにーさんの4コマ漫画では、「くしゃみ」についてのエピソードがありました。

赤ちゃんが泣き出すタイミングと泣き止むタイミングって、本当に様々なんですね。

大仕事


何か月もお腹の中にいた赤ちゃんにとって
きっとこの世界は「はじめて」だらけで大変なんでしょうね・・・!

何かと思ったらクシャミ。
たかがクシャミ、されどクシャミなのです。

ちなみに新生児は泣き出すと
びっくりするほど一気に真っ赤になります!

そして泣き止むと
びっくりするほどパッと元の色に戻ります!
(一応、着色時には少し意識して色を変えております)

(出典元:こにっき~マンガ・主婦と子育てとマンドリン~


医師からのアドバイス


今回のエピソードではくしゃみが出る前に赤ちゃんが泣いていますが、逆に自分のくしゃみに驚いて泣いてしまうこともあります。

おならが出なくて泣いたり、自分のおならに驚いて泣いたりもします。

新生児で見られる反射「モロー反射」は、音にびっくりした時や急に体を動かされたときに両手を前に出す反射ですが、自分の手の動きに驚いて泣いてしまうこともあるので、おくるみで手の動きを抑制したり、入浴時には布で手を押さえてあげると、泣いてしまうことを少なくできます。


“変わっている”ことに定評のある主婦。(どう変わっているかは本編でご確認ください…)

静岡出身、愛知在住、AB型のアラサー。2015年に長男を出産し育児奮闘中です。

ブログでは現在育児ネタを中心に、同じく“変わっている”夫、趣味のマンドリンなどについて
こにっき~マンガ・主婦と子育てとマンドリン~」で4コマ漫画を中心に日常を描いております。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法や専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

育児特集の Q&A

もっと見る

あなたにオススメの健康チェック

健康チェックをもっと見る