ママのお腹の中での記憶 「胎内記憶」は本当にあるの?【育児ブログ】

3人のお子さんの育児の様子を、全員動物の姿でユーモアたっぷりに描くヒヨコ母さんさんの連載漫画「ヒヨコ母さんの子育て術」。

今回は興味深い「胎内記憶」についてです。

大人になると忘れてしまい思い出せませんが、実際のところ、どのような記憶を何歳くらいまで覚えているものなのでしょうか?

胎内記憶って本当にあるの?


子どもたちが、お母さんのお腹にいた時のことを覚えていたりすることを胎内記憶といったりします。

実際のところ本当なのか嘘なのかよくわからないです。



しかし、今回服の中に入って来たのは胎内記憶とは全く関係ない気もします。

そのうち私のワキをくすぐってきたり、首の方から手をだしてきたり、ほんっと好き勝手やられたので、そのうちマジ切れした私でした。

思うのですが、
「アノ手この手でちょっかいだしてくる」この感じ。
「私を振り向かせようと試行錯誤してくる」この感じ。

なんか恋愛シュミレーションゲームとかの主人公になった気分ですよ。そのうち、そうへいくんもここに参戦してくるんだろうなぁ…。

恋愛シュミレーションゲーム好きな方は子どもを数人育てるとリアルに体験できます。オススメは全くしません。

子ども達が大人になれば、服の中に入って来たりはしなくなると思うので、今だけですね。

(出典元:ヒヨコ母さんの子育て術


医師からのアドバイス


3歳ぐらいまでの子どもが母胎に宿るまでの世界や、胎内での記憶を語ることがあると言われています。

産婦人科医の池川明氏は、胎内記憶を語る子どもたちとの体験から、子どもはそれぞれの役割や寿命を知り、父母を選んで生まれてくると唱えています。

たとえ短い命であっても、このお母さんに会いたい・何かを伝えたいと思って命が宿るのだといいます。

子ども全員が胎内記憶を語るわけではないので本当のところは分かりませんが、流産や死産で悲しむお母さんや、育児に悩む方々にとっては、この考え方は大きな救いとなるでしょう。


6歳と2歳と0歳の子育て中、3児の母である私。

ヒヨコ母さんが日々面白かった出来事を漫画で綴る日常理不尽漫画「ヒヨコ母さんの子育て術」ブログです。

これを読んで「子育てって面白いんだな」「私もやってみよう」など、色々感じていただければ幸いです。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法や専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

育児の Q&A

もっと見る

あなたにオススメの健康チェック

健康チェックをもっと見る