子どもの排泄サインを見極めろ!トイレ習慣をつけさせるポイント【育児ブログ】

3人の男の子のお母さんでもある、ちゅいママさんの育児イラストブログ。

今回は、三男のトイレ問題について、熱く語られています。

やはり、排泄が一人でできるようになるまでって、本当に大変なんですね…。

王様の弱点


全国の二歳児をお持ちのお母様方。

毎日お疲れさまでございます。

上二人に押されてあんまり登場しないほーちゃんだけど、しっかりと二歳やってるわよ!!

もーね。ここんところ、ずっっと、押し問答。

トイレの。

今にも漏れそうなのに、とりあえず絶対断るよね。

なんだろうね、ほんと。どいつもこいつも。

素直に受けとれや!!

オムツはだいぶ前にとれて、おしっこもうんちもトイレで出来るんだけどさ。

とにかく行きたくないみたいでさ。

不思議なもので、子供がモジモジピョンピョンしてたら、こっちまで落ち着かないし、ソワソワしちゃう。

膀胱とか色々気になるし、つうわけで、一日中お薦めしてる状況。

一日お薦めするもむなしくほぼ無視しなさる王。

結局、限界が来て、死にそうになりながらトイレに駆け込むっていう・・・。

だから言ったじゃん(イラッ)

1時間~1時間半に1回ぐらいで行くから、きっと王もめんどくさいんだろうね。

出来ることなら行かずにいたいんだろうけど、ギリギリまで我慢して死にそうになりながらトイレに駆け込むか、あとは

漏らすか。

ほぉらぁぁぁーーー!!!
だーーからさぁぁぁーーー。王ッ!!

こうして考えてみたらさ、人間、自立して排泄が出来るようになるってすんごい進歩だよね。

こんなにも毎日毎日行く行かないでもめて、行ってとすすめたあとで漏らしたりしてるんだもんね。

同じように悪戦苦闘してるご家庭、日本全国星の数ほど存在すると思うわ。

排泄の自立って、一つのハードル。越えられた時は大きく羽ばたく時。

昼間はこんな調子なのに、なぜか、夜中になると、しっかりと尿意で目を覚ますんだよね。

夜はまだオムツ履いてるから、律儀に起きなくても私的には全然オッケーなんだけど、ご丁寧に夜中に「おしっこ!」で起きる王さま。

でも、おしっこ漏れそうだけど、眠いし、トイレいきたいのかいきたいのかなんなのか訳わかんなくなって、大号泣。

これが、死ぬほどうるさい。漏れちゃったときなんてもっと悲惨。

爆音もいいところの爆音。

私:「ほーちゃん。別にいいよ。もれちゃったのは仕方がない!大丈夫だよ。」

ほ:「うぎゃぁぁーーーーーー!!!」

私:「ほーちゃん。オムツ履いてるから大丈夫だって。」

ほ:「うげぁぁっぁあああーーーー!」

ぷげやぁぁぁぁーーーーー!!!!(轟音)

しかも、一度泣き出すとなっがいの!!この王さま!!

もう、なすりあいよ。

でも、この王さま。ひとつ弱点がございまして。

パパが怖いっていう。ひとしきり泣いた頃に、

って誘いにいくと、一目散に逃げてくる。

そして、寝る。

なんだこれ!!!

王さま、マジ勘弁!!

(出典元:kosodatefulな毎日 ~我が家の3太~


医師からのアドバイス


高性能な紙おむつの出現で、おむつが外れる年齢がどんどん高くなり、幼稚園に入るまでどころか、小学校に入るまでにおむつが外れるかという子もいます。

子どもの排泄のサインを見極めておまるやトイレに座らせる「おむつなし育児」を提唱している識者もいます。

「排泄はおむつの中でするもの」という習慣づけを一旦してしまうと、2歳ごろになっておまるやトイレで排泄させようとしても混乱が生じるという意見です。

しかし夜間の尿量を減らすために分泌されるホルモン量が安定するのは3〜4歳以降と言われており、大人と同じような排泄習慣を獲得するには、やはり時間がかかります。


全国をさすらう転勤族一家。
現在、山口県在住★
三兄弟の育児に奮闘中。

kosodatefulな毎日 ~我が家の3太~」で育児ブログを連載中。
2016年12月に育児ブログが本としても出版されました。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法や専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

kosodatefulな毎日 ~我が家の3太~

もっと見る

育児特集の Q&A

もっと見る

あなたにオススメの健康チェック

健康チェックをもっと見る