息子のイケメンっぷりに思わず赤面!男の子はママの小さな恋人?【育児ブログ】

ヒヨコ姿のヒヨコ母さんさんのシュールな育児漫画。

今回は、息子さんが突然イケメンスイッチが入った時の、なんだか思わず照れてしまうエピソードです。

将来が楽しみなような、少し不安なような複雑な気持ちになりました【笑)。

お父さんの出張により、イケメンスイッチ発動か!?


時々、お父さんは泊まりで出張にでかけます。

その時は1人で子ども3人の面倒を見るわけですが、「お母さんに協力してね。」という魔法の言葉で、みんなテキパキ動いてくれます。

そんな折、けいすけくんに本日着たパジャマを洗濯カゴに入れてきてもらおうとお願いした時でありました。


額コツンからの僕から目を離さないで。

旦那がいないから???謎なイケメンスイッチが入っているけいすけくんなのでした。

うちの幼児はイケメン継続中


けいすけくんのイケメンぶりを漫画にしたばかりでしたが、まだまだイケメンは継続中のようです。


い、いま、何したん?気のせいじゃなければ、

唇に自分の頬を押し付けて黙らせた

ような…………。え。???

計算なのか???計算じゃないなら生来の人たらしなのかもしれない……。

思うに、幼児にとって、親は、生活の根幹。
怒らせるより、怒らせないように、自分が愛されるように生活した方が、心地いい。

そう、けいすけくんは本能で理解しているのではないだろうか。

しかし、これは照れた。急だったのでビックリ。

(出典元:ヒヨコ母さんの子育て術


医師からのアドバイス


男の子はひたむきに母親への愛を表現するので、小さな恋人のようだと言われることがあります。

特に6歳ごろまでは十分スキンシップを取り、愛情のやりとりを楽しむのがよいでしょう。

ただし思春期が来て第二次反抗期に入ったあとに空の巣症候群にならないよう、子どもだけが生きがいにならないようにする必要があります。

また息子をかわいがるだけでなく夫を立て、夫との関係も良好に保つ必要があります。

甘やかすだけではなくお手伝いをさせたり身の回りのことを自分でできるように訓練することも重要です。


6歳と2歳と0歳の子育て中、3児の母である私。

ヒヨコ母さんが日々面白かった出来事を漫画で綴る日常理不尽漫画「ヒヨコ母さんの子育て術」ブログです。

これを読んで「子育てって面白いんだな」「私もやってみよう」など、色々感じていただければ幸いです。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法や専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヒヨコ母さんの子育て術

もっと見る

育児特集の Q&A

もっと見る

あなたにオススメの健康チェック

健康チェックをもっと見る