フリースタイル分娩とは?昔と今で違う出産スタイル【育児ブログ】

人気育児ブロガーかたくりこさんの4コマ漫画の「出産編」もいよいよ佳境に突入。

フリースタイル分娩の形での出産を望まれたようですが、自分が楽な体勢で出産したいという思いとは裏腹に、実際は少し勝手が違っていたようです…。

フリースタイル分娩は時と場合による



横になると激痛が走るので、
座ったまんまがんばってたのですが、

助産師さんから、
ベッドに横になるように言われてしまいました。

フリースタイル分娩って聞いてたんですが、
完全フリーってわけではないんですな。

(出典元:かたくりこの4コマ育児日記


医師からのアドバイス


出産と言えば、分娩台の上に仰向けになって行うものと思いがちですが、分娩台がなかったころは、天井から吊り下げた綱につかまり、しゃがむような姿勢で出産を行う座産が多かったようです。

国によっては穴の開いた椅子に座って産むこともあります。体を起こしていたほうが重力を利用することができ、合理的とも言えます。

その他、四つんばいや横向きに寝ながら産むのが楽ということもあり、こういった自分の楽な姿勢を自由に取って出産するのをフリースタイル出産と言いますが、介助が難しくなるので、施設によってはできないこともあります。


4コマ漫画でつづる、育児日記です。大阪府在住。

かたくりこの4コマ育児日記」で育児とネタ系中心にブログを更新しています。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法や専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

かたくりこの4コマ育児日記

もっと見る

育児特集の Q&A

もっと見る

あなたにオススメの健康チェック

健康チェックをもっと見る