子どもの目にだけ映る不思議な「色の世界」【育児ブログ】

アラサー主婦さゆたさんの育児イラストブログ。

今回は、子どもの「色の感覚」についてです。

子どもの目を通して見える独特の色の世界って面白いですね。

みんなのいろ(2歳0カ月)



急にですが、娘が自分の名前を言い始めた&次も娘ということで
急遽娘のネットネームを考えました…

「なっちゃん」です!(本名からは遠いです…)

長女なっちゃん、よろしくお願いします

そしてなぜだか特に教えてないんですけど
それぞれイメージカラー?があるらしくて
私は赤とかピンクで、夫は青、弟は緑、自分は黄色とかオレンジらしいです。
でも色は「ぴんきゅ(ピンク)」と「きいろ」しか言えません
そしてそれ以外の人はカラーリングされることはないです…。

windowsの起動する旗?のようなマークも
いつもPCを起動しては4色を「まま!ぱぱ!」と指差しています。

不思議だなぁ。

(出典元:さゆたの子育て日記


医師からのアドバイス


色の名前が分かるのは2歳から4歳ぐらいと言われています。

しかし勘違いも多く、金と銀を逆に覚えたりします。色の名前は「オレンジ」と「だいだい」があったり、緑色なのに青信号と言ったり、ぶどうにも紫と黄緑があったりして難しいものです。

ぞうさんのイラストは水色で描かれたり、うさぎさんはピンクで描かれりと、実際とは違う色で描かれる場合があるのも混乱のもとになります。

「きれいな黄色いお花だね」などと、日常生活の中で色の名前を付けくわえることで、少しずつ覚えていきましょう。


子育て真っ最中のアラサー主婦さゆたです。関西出身O型みずがめ座。2015年2月生まれの娘がいます。

さゆたの子育て日記」で日記・絵日記・漫画で綴っていきます。

よろしくお願いします。
  • この記事は、医療・健康に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • 専門家の皆様へ。記事の内容について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

さゆたの子育て日記

もっと見る

育児特集の Q&A

もっと見る

あなたにオススメの健康チェック

健康チェックをもっと見る