離乳食開始!アレルギー対策はこの時期からが効果的?【育児ブログ】

楽しいコメントも読んでいて楽しい、育児ブロガーあま田 こにーさんの4コマ漫画。

今回は赤ちゃんの「離乳食」についてです。

食べさせるのに一苦労なのは伝わってきますが、なんだかそのやり取りさえも楽しそうで微笑ましかったです。

たのしい離乳食


今回は
離乳食をはじめた頃のおはなし。
あーすけ、5カ月半くらいです。

まだ口をしっかり閉じられなくて
口の端からいろいろ「返却」されたり
カボチャでべたべたの手で
いろんなところを触られたりで
もう色々なことが起こるので
ツッコミで乗り切るしかなかったとです!!

でもあーすけは
比較的なんでもモリモリ食べてくれるタイプの子だから
助かってます。

(出典元:こにっき~マンガ・主婦と子育てとマンドリン~


医師からのアドバイス


離乳食は5〜6カ月頃、よだれがよく出るようになり、大人の食事をじっと見つめるようになったら始めてみましょう。

母乳以外の味を感じるのは初めてなので、口に入れると変な顔をしたり、舌で押し出したりすることもあります。

口の中で味わい、飲み込むためには、多くの筋肉や神経を複雑に連携させて動かす必要があります。少しずつ慣れていければよいです。

アレルギーが心配な方もおられると思いますが、最近の研究で、早くから食品に触れていくことでかえってアレルギーを起こしにくくすることができると分かっています。


“変わっている”ことに定評のある主婦。(どう変わっているかは本編でご確認ください…)

静岡出身、愛知在住、AB型のアラサー。2015年に長男を出産し育児奮闘中です。

ブログでは現在育児ネタを中心に、同じく“変わっている”夫、趣味のマンドリンなどについて
こにっき~マンガ・主婦と子育てとマンドリン~」で4コマ漫画を中心に日常を描いております。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法や専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こにっき~マンガ・主婦と子育てとマンドリン~

もっと見る

育児特集の Q&A

もっと見る

あなたにオススメの健康チェック

健康チェックをもっと見る