年齢別!子どものお絵描きレベルの発達について【育児ブログ】

ヒヨコ姿で育児を行う、ヒヨコ母さんさんのシュールな育児漫画。

今回は、「子どもがお絵描きが出来るようになる時期」についてです。

何歳くらいから、どのように物を捉え、お絵描きレベルは発達していくのでしょうか?

3歳児のお絵描きの意外性


お風呂上がりの30分。我が家は自由時間。

互い互いに好きなことをしてすごす時間があるのですが、めずらしくけいすけくんは自分からスケッチブックとクレヨンを出してお絵描きしていたのです。

真剣な顔して何してんのかと思ったら

カラフルな、おうんち様を描いていたとはね!!

真剣な顔で何かいてるのかと思ったら、うんちだったという………

しかし色とりどりに描くあたり、けいすけくんはウンチが色とりどりにみえる共感覚の持ち主だったりするんだろうか…。
もしもそうだったとしても全く羨ましくないなぁ

子どもがどんな絵を描いていても、「いいね!」と言ってあげることが大切。と、何かでみたことがある。ので、例え描いているものが「うんち」であったとしても、

いいうんちだね〜

と言って、そのあと

もっと濃く、グリグリかくと、もっとかっこいいうんちになるよ〜

って言ったんだけど、言った後に「一体全体、私は何を言っているんだろう?」

っておもった私でした。かっこいいうんちってなんだよ………。

(出典元:ヒヨコ母さんの子育て術


医師からのアドバイス



・1歳6カ月頃:筆記具で殴り書きができるようになります。
・3歳半頃:「これは何?」と聞かれると何を書いたのか説明できるようになります。
・4歳頃:丸や十字を真似て書くようになります。
・4歳半頃:目・鼻・口のある顔が描けるようになります。

見たものの色を真似て描くというのは高度なことであり、何でも好みの色で描いてしまうこともありますが、「昨日見たピンクのお花きれいだったね。同じ色で描いてみようか」などと少しずつ教えていきましょう。


6歳と2歳と0歳の子育て中、3児の母である私。

ヒヨコ母さんが日々面白かった出来事を漫画で綴る日常理不尽漫画「ヒヨコ母さんの子育て術」ブログです。

これを読んで「子育てって面白いんだな」「私もやってみよう」など、色々感じていただければ幸いです。
  • この記事は、医療・健康に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • 専門家の皆様へ。記事の内容について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヒヨコ母さんの子育て術

もっと見る

育児特集の Q&A

もっと見る

あなたにオススメの健康チェック

健康チェックをもっと見る