デリケートゾーン

カテゴリ
女性の病気と妊娠・出産
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

デリケートゾーンとは

デリケートゾーンとは、一般的に「女性の陰部」のことを指し、痒みや炎症、臭いなどさまざまなトラブルを発症しやすく、多くの女性が悩まされる場所でもあります。もともとデリケートゾーンは雑菌が繁殖しやすく、生理やおりものや汗は雑菌にとって格好の栄養になるので、臭いやすい場所です。稀に婦人科系の病気が隠れているサインの場合もあるので注意するようにしましょう。

デリケートゾーンの病気

臭いが病気のサイン!?


多少の臭い程度であればあまり心配はいらないですが、
・急におりものの量が増えた
・臭いがきつくなった
といった場合は、下記の婦人科系の病気が隠れていることもあるので注意が必要です。


  1. ガンジダ膣炎
    普段から膣の中にいますが、体力が落ちて免疫力が下がっている場合、膣の中まで洗ったり、抗生剤を飲むことで膣内の善玉菌が少なくなってしまうことでカンジダ菌が異常増殖してしまうことが原因。

  2. 子宮頸癌
    性交経験のある女性でしたら誰にでもなる可能性のある病気。HPV(ヒトパピローマウイルス)と呼ばれるウイルスの感染によって引き起こされる。

  3. 子宮内膜炎
    子宮の内側を覆っている「子宮内膜」の炎症。

  4. 淋病( 淋菌性膣炎)
    淋菌が膣内やペニス、尿道などで生殖して広がっていくことにより発症

  5. 細菌性膣炎
    デリケートゾーンが赤くなったり痒みが出ることはほとんどありませんが、おりものは魚のような生臭い悪臭を放ちます。

  6. トリコモナス膣炎
    トリコモナス原虫と呼ばれる、肉眼で確認できないほどの小さな虫に感染するしたことによって引き起こされる。

デリケートゾーンの洗い方 - 4つのポイント


  1. 強い洗浄力のものはできるだけ避けること
    洗浄力の強すぎる石けんは、膣内の大事な常在菌である表皮ブドウ球菌を洗い流してしまい、デリケートゾーンにかゆみが出たり、匂いがきつくなってしまう可能性があります。

  2. 香料の強いものを避けること
    デリケートゾーンは非常に敏感な部分ですので、香料が強烈なものだと匂いが混ざったり、成分そのものにかぶれてしまったりすることがあります。自然な成分で作られた、泡立ちの良いお肌に優しい石鹸を選ぶとよいでしょう。 健康な状態であっても軽い酸味のある匂いがするのはごく普通のことです。

  3. 石鹸で泡立てて洗う
    デリケートゾーン用の石鹸でしっかり泡をたてて洗うことで、より肌あたりが優しく、汚れも適切に落してくれます。

  4. ぬるま湯で流い流すだけでもOK
    敏感肌の方や、アトピー性皮膚炎の方は、特に気を付けて石鹸を選んだ方が良いでしょう。お風呂でぬるま湯でよく流すだけでも十分清潔は保てます。お肌に合うものがなかなか見つからないこともあると思いますが、無理してデリケートゾーン用の石鹸を使う必要はございません。



医師からのアドバイス


デリケートゾーンは雑菌が繁殖しやすく、男女ともに完全無臭はありえません。
きれい好き指向の若い方は、ケアのし過ぎで常在菌を流い流してしまっている事があるかもしれません。適度に洗浄して清潔を保つ、ということを心がけましょうね。


デリケートゾーンのムレ対策

デリケートゾーンをムレから守る方法


・衣服や下着は、シルクやコットンなど通気性の良い物を着用する
・ピタっとフィットする衣服よりも、余裕があるものを選ぶ
・ムレが気になる時は、パンツよりスカートを選び、温度調整ができる服装を心がける
・生理の時はナプキンを頻繁にとりかえる
・入浴時にデリケートゾーンを丁寧に洗う
・トイレでビデを利用し、頻繁にデリケートゾーンを洗う
・性交後はシャワーなどで、デリケートゾーンを丁寧に洗う
・汗をかいた後はシャワーをあびるか、下着をとりかえる
・アンダーヘアの量が長い、または多い場合は処理をする
・おりものが多い場合は、おりもの用のシートを使用し、頻繁にとりかえる

ムレを放置するとニキビやかゆみがでる場合も!


デリケートゾーンの周りには、わきの下と同じように、タンパク質や脂質を含む「アポクリン腺」という汗腺が多く存在しています。
汗やおりものでデリケートゾーンがムレると菌が繁殖しやすく、ニキビができることもありますし、匂いやかゆみの原因になります。
また、かゆくて掻いてしまうとデリケートゾーンが傷ついてしまい、感染をおこしてしまう可能性もありますのでご注意ください。


医師からのアドバイス


デリケートゾーンを清潔に保ち、できるかぎりムレを予防できるといいですよね。

しかし、仕事の忙しさなどで、気をつけていても、ムレてしまうこともあると思いますが、かゆみが出てしまった場合は市販の軟膏などを使用して、早めに症状を抑えてあげましょう。

また、ムレだけでなくおりものの色や匂いに異常を感じた場合は、治療が必要な病気である可能性がありますので、婦人科でご相談ください。


  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください

健康チェック

健康チェック画像

「デリケートゾーン老化度」チェック

あなたのデリケートゾーンは…?

女性にとって加齢とともに老化やゆるみが気になるデリケートゾーン。
ゆるんできてしまうと性交時や尿漏れなど様々な悩みが出てきてしまいます。デリケートゾーンの老化予防のために、今のあなたのデリケートゾーンの老化&ゆるみをチェックしてみて下さい。

1 /14

最近、尿漏れが気になる

健康チェック画像

「デリケートゾーン老化度」チェック

あなたのデリケートゾーンは…?
健康チェックする