【妊活心理カウンセラーのコラム】Vol.6: 日本は不妊大国!? 不妊の原因を知ろう!(前編)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本は不妊大国!?

日本では、6組に1組の既婚カップルが不妊で悩んでいると言われています。
最新の調査の中には、4組に1組というものもあり、その数は年々増えているようにも感じます。
約16~25%の夫婦が不妊で悩んでいると考えると、決して少なくはない夫婦が不妊に悩んでいると言えます。

ただし、「不妊」の定義は曖昧です。
一応、WHOでは「夫婦生活があるにもかかわらず2年間子どもができない場合は不妊」という定義がなされていますが、日本の基準はありません。
日本は特に「セックスレス大国」とも言われているように、そもそも夫婦生活がほとんどないカップルも多いので、一概にこの「2年」という定義に当てはめることもできないように個人的には感じています。

「不妊」という言葉はショッキングな言葉でもありますが、身近なこと、誰にでも起こることと捉えて、前向きに妊活に取り組みましょう。

不妊の原因は誰にあるの??

みなさんは、不妊の原因は男女どちらにあることが多いと思いますか??

答えは、約50%が男性の問題だと言われています。
つまり、不妊の原因は男女半々にあるのです。
なかなか子どもを授からないと「女性に問題があるのでは?」と思われがちです。
特に、親世代や男性はこの手の知識がほとんどないので、「うちの嫁がなかなか妊娠しない」という言い方をする方が多く、女性が傷つく大きな要因にもなっています。

そのため、女性が1人で婦人科に行くことから妊活が始まることも多いのですが、この数値を見ると、本当は夫婦2人でクリニックに行くことが妊娠への近道であることはわかると思います。

また、たとえ夫婦のどちらかに原因があったとしても、それは夫婦2人の問題として受け止めることが妊活においてストレスを溜めない秘訣でもあり、今後の良好な夫婦関係を築く上でも重要なことです。

不妊の原因ってなに?

不妊の原因は人それぞれです。

女性に原因がある場合は、子宮に何らかの問題がある場合がほとんどです。
こちらに関しては、治療をすることで解決するものもあります。

 ・ホルモンの問題
 ・子宮の問題


など、まずはその原因を知ることが妊活を前進させるために大切なことになります。

男性の場合は、精子に何らかの問題がある場合がほとんどです。

 ・精子の奇形の問題
 ・精子の運動率の問題


など、こちらも検査で原因がわかることが多いので、原因を知ることで妊活を前進させることができます。

こうして検査を受けて原因がわかることもありますが、一通りの検査を受けてもわからないものもあります。
「ピックアップ障害(卵巣から飛び出した卵子を卵管がキャッチできない障害)」などはその代表例で、検査を受けても原因を特定することができません。それらを「原因不明不妊」とも呼びます。

「なかなか妊娠しないけど、なぜだろう?」と思ったら、まずは夫婦で検査を受け、それぞれの状態を知ることで、今後の妊活をどのようにしていくか、という方針が決めると良いと思います。

あともう1点、心理カウンセラーとして見逃せないのが、男女共に言われている、ストレスと不妊の関係。
ある研究では、ストレスにより不妊の確率が2倍になる、という結果も出ています。
ストレスとどう向き合うか、ということは妊活においてもとても重要な事項と言えるでしょう。

今回は、妊活において一番みなさんが知りたい「不妊の原因」について触れました。
次回は、卵子の老化、精子の老化についても触れつつ、妊活において大切なメンタル面でのお話をしたいと思います。

~カウンセラー:今井 さいこ~
Doctors Meで「今井さいこ先生」に相談してみたい方はこちらから

今井 さいこImai Saiko

1979年生まれ、慶應義塾大学文学部心理学専攻卒業。 2009年より個人向け心理カウンセリングを開始。 自身の妊活経験から、「妊活中も、妊活以外の女性としての楽しみを充実させたい」と感じたことから、2013年より妊活WOMAN向け心理カウンセリングを開始。 LIB Laboratory代表
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法や専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連キーワード

キーワード一覧へ

関連するコンテンツ

不妊症について