乳がんの体験談

鏡が教えてくれた乳がんの腫れ

医師確認済み

鏡が教えてくれた乳がん

若い頃から胸は大きい方だったので、子供が生まれて授乳するのにも、おっぱいは出る方で夜中の授乳なども楽でした。断乳の時には乳腺が張って辛かったりしましたが、そんなこともあったなぁというくらいのことで、あまり胸のことは気にしていませんでした。
たぶん胸の小さな人のほうが自分の胸を気にしたりするせいで、乳がんのチェックになるというお風呂などで入念に触ってみるということもするのでしょう。でも私は、実際のところ、気にかけてもいませんでした。
ところがこどもと主人が出かけていて、ひとりでゆっくりお風呂に入る時間があったのです。風呂上りに洗面所の鏡を見ると、なんとなく右側が腫れているように見えました。触ってみると違和感があります。嫌な予感が走って胸騒ぎがしたのを覚えています。帰宅した主人に話して翌日病院に行って受診すると、やはり乳がんだったのです。
いつもは子育てで忙しくて鏡などゆっくりと見るチャンスはないのです。もしそのまま気付かなければ、もっと進行していたのではないかと思うと怖ろしい気がします。あの日、鏡を見て、少し腫れていることをおかしいなと感じることができて良かったと思います。これからは自分の体も大事にしていこうと思います。

友人から聞いた乳がんの話

私の友人の母親が乳がんになったそうですが、始めは全く自覚症状がなかったそうです。ふとお風呂上がりに鏡を見た時に、片方の乳房が腫れているような感じがしたため、触って確かめてみたところ、しこりがあるような気がしたそうです。特にどうもないから大丈夫かと思い放置していたそうですが、徐々に片方の乳房が腫れだしたとのことでした。
これは何かあると思い、病院を受診し乳がんと診断されたそうです。友人の母親は呆然とし、何も話さなかったそうです。友人も何と言っていいか分からず、声をかけれなかったそうです。
幸いにも手術で完治できるとのことで、手術に踏み切ったそうですが、友人の母親が自分の乳房を受け入れるまでかなり時間がかかったそうです。また、初めに気づいた地点で病院に行っていればと後悔ばかりしていたそうです。さらには、再発するかもしれないという恐怖も襲ってくるらしく、毎日が気が気じゃないと言っているとのことでした。
友人は、どうしたらいいのか分からずなかなか声をかけれないと言っていました。
そんな時、乳がんの患者さんの集まりがあるという情報を知り、母親と一緒に参加したそうです。その参加で、ともに病気を戦った仲間がいると思い、自分の気持ちなど大分楽になったと言っていたそうです。いい方向に向かってよかったです。

乳がんの腫れの症状とは

乳がんは早期発見が何よりも重要とされるがんの一つです。ですから、最近では乳がん検診を呼びかける自治体も増えてきています。しかし、中にはなかなか忙しくて検診に行く暇がないという人もいるかもしれません。
そのような場合でも、乳がんの初期症状についてどのような症状があるのかということを知っておけば、自分の身体で同様の症状が現れた時には、すぐに乳がんかもしれないという疑いを持つことが可能となります。
そこで、乳がんの初期症状としてよく現れる症状としては、しこりと腫れ、痛みの症状を挙げることができます。しこりについては、自分で触ってみてもわかることが多いので、しこりができたと感じたらすぐに受診をすることが大事になってきます。腫れの症状については、乳房の近くにあるリンパ節やわきの下のリンパ節、鎖骨付近のリンパ節などに起こることが多く、リンパ節が腫れることによって、リンパ液の流れが滞ってしまって、腕がむくんだり、しびれたりといった症状が起こる場合があります。痛みの症状については、乳房付近のしこりなどが大きくなると出始める症状であり注意が必要になってきます。
もしも、これらの症状に気付いたときには、すぐに受診をして一度検査をしてみることが重要になってきます。

自己診断は禁物です

主に乳汁の通り道である乳腺にできるのが乳がんです。
発生数が年々増えているため、治癒成績は比較的良くなっているのですが、死亡する数も増加傾向にあります。
原因がはっきりと解明されてはいるわけではないのですが、有力とされている説では、ホルモンとの関わりが関係しているのではないかと言われています。その根拠として、出産の経験がない、あるいは初めて子供を産む年齢が三十五歳を過ぎてから、という人に多く乳がんが見られるからです。
特徴的な症状としては、胸のあたりに小さな腫れがあるなと思い、よく調べてみたら、硬いしこりだった、といったもので、多くの場合は左右のどちらかにできます。見た目では腫れ上がっていることなどほとんど分からず、手で触れても痛みがないため、発見が遅れることがあるので注意が必要です。他にも乳頭のただれや変形、乳房がへこむ、といったことが見られる場合があります。
問診では出産をしたことがあるか、身内に乳がんの人はいないかなどを調べます。触診でも探しますが、小さなしこりは見つけにくいため、そして良性か悪性かを判断するために、マンモグラフィー、超音波検査、細胞や分泌物の検査なども行うことがあります。
最近では、手術で切除する範囲もできるだけ小さく、更に根治させることができるように進歩しています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康チェック

健康チェック画像

「乳がんリスク」チェック

しこりや違和感、ありませんか?

ハリウッド女優のアンジェリーナ・ジョリーさんが乳房を切除する手術をおこなったのは記憶に新しいところ。これは彼女が遺伝子検査で自らのがん発症のリスクを知り、その予防のためにおこなったリスク低減手術です。

では、遺伝子以外に乳がん発症のリスクになるものはあるのでしょうか。実は、生活習慣でも乳がんのリスクと関連があるものが明らかになってきています。

あなたの乳がんリスクをチェックして、どんなことに気を付けたらよいか、どんな検査を受けたらよいか、確認してみてはいかがでしょうか。

1 /19

お酒を1日1杯程度(日本酒なら1合(180ml)、ビール中ジョッキ1杯(500ml)、ワインをグラス2杯(200ml))飲む習慣がある

乳がんの他の体験談

女性の病気と妊娠・出産の体験談

  • 食後に動悸を感じたならば

    更年期障害・動悸・食後

    最近、食後に動悸を感じることが増えましたので、とても困ったことになったと思いました。なぜなら、動悸を感じると、とても不安な気持ちになるからです。心臓の病気だろうか、それとも食べ合わせが悪かったのだろうかと心配になります。そのために、せっかくおいしいご飯を食べたあとも、食後にリラックスすることができなくて本当に困りました。 そこで、原因を突き止めるために調べてみましたが、カフェインの過剰摂取が原因…続きをみる
  • 寝起きからめまい。辛い朝の改善法

    更年期障害・めまい・寝起き

    めまいの原因はいろいろあると思いまずが、私の場合は脳ではなく内耳の前庭器官の異常でした。 朝起きてベッドから体を起こした瞬間、クラクラとして立ち上がれなくなりました。夕べはしっかり寝たはずなのに、寝起きの自分にいったい何が起こったんだろうと戸惑いながら、階下のトイレへふらつきながらたどり着くのがやっとです。 脳裏に脳梗塞という文字が浮かび、ものすごく怖くなりましたが、何となくそれとは違うような気…続きをみる
  • 13週ごろからつわりでよく吐くようになりました

    つわり・13週

    妊娠6週から本格的につわりが始まり、特に吐くことはなかったのですがずっと気持ち悪い状態が続いていました。ご飯もろくに食べられず、毎日果物や冷たいおにぎりなどを食べて何とかやり過ごしていました。 特に妊娠9週~11週までがピークで、気持ち悪さがかなり強くなり常に何かを口にしていないとダメな状況になってしまいました。 でも妊娠12週を過ぎた頃から少しずつご飯も食べられるようになり、このままつわりが落…続きをみる
  • つわりの時吐きたいのに吐けない状況がずっと続いていました

    つわり・吐けない

    つわりが始まりずっと気持ち悪い状態が続いていました。ただ私の場合は気持ち悪くて吐きそうになりトイレには駆け込むのですが、結局吐けずに戻ってくるといった状況が続いていたのです。でもあまりにも気持ち悪い時は、たまに吐くこともありました。一度吐くとその後しばらくの間はかなり楽になるので、出来れば吐いて楽になりたいと考えていたのですが中々吐けない状態が続いていたのです。あまりにも気持ち悪いときは自分から…続きをみる
  • 生理痛で救急車に運ばれた体験について

    生理痛・救急車

    私は、中学生から20歳過ぎまで生理痛がとてもひどく、毎月憂鬱でたまりませんでした。生理が始まってしばらく経つと、腰と下腹部が重だるくなり、説明するのが難しい激しい鈍痛が起こります。 あまりにも痛くて脂汗がでて、だんだん気持ち悪くなってしまいます。気持ち悪さがピークになると吐いて、寒気も起こります。 痛がり方が尋常ではないので、自宅にいる時は両親が病院まで連れて行ってくれていました。しかし、高…続きをみる
健康チェック画像

「乳がんリスク」チェック

しこりや違和感、ありませんか?
健康チェックする