乳がんにゅうがん

カテゴリ
女性の病気と妊娠・出産

乳がんの体験談

乳がんは何科を受診すればいいか

医師確認済み

適切な診療科、乳がんの場合

おっぱいに異常を感じたとき、何科にかかるのかご存知ですか。私はたまたま、病院に勤めていたのでアドバイザーに恵まれており、すぐに外科にかかることができました。そうです、乳がんの専門は外科なのです。
私の場合、はじめはかゆみを感じたことで病院に行くことを検討したのですが、何科にかかればよいのかは、本当に悩みました。頭に浮かんだのは、産婦人科と皮膚科でした。乳がんは婦人科疾患だから婦人科、かゆみは皮膚科、という単純な思考です。でもね、と、私を外科に導いてくださった方は言いました。かゆみも乳がんを疑うでしょ、本当に乳がんだったら外科的切除が必要となるでしょ、だから外科なのよ、と。
なるほど、と納得しました。病院には、いろいろな診療科がありますが、乳がんに限らず何科にかかればよいのか、本当に分かりにくいですよね。近年は、乳腺外科という診療科が出来たので、乳がんを疑った場合は何科に行けばよいかは、一般にも浸透してきたとは思います。どんな病気でも、何科にかかるか迷ったら、総合病院であれば総合受付で尋ねれば、教えてくれると思います。適切な診療科にかかりたいですね。
初めに外科にかかって異常なしと言われましたが、それから15年近くたち、健康診断で乳がん疑いを告げられました。いまは、乳腺外科にかかっています。

乳がん検査はどこで?

乳がんは乳房をぎゅっとはさんでレントゲンを撮る検査があるのですが、とても痛くていつもいやだなあと思いながら受けています。
その日も毎年一回受けている乳がん検査のために、近くのクリニックの乳腺外来に行きました。
いつものように予約した時間に行って受付を済ませて、待合室で順番を待っていると近くにいた女性が話しかけてきました。彼女はテレビなどで、乳がんは検査をすることで早期発見ができるというのを見て、気になってはいたものの病院の何科へ行けばいいのかわからなかったので、長い間検査をしていなかったそうです。ところがある日、お風呂でからだを洗っていて、なんとなく触れた感じに違和感があったのだそうです。
不安になって乳がんの経験者の知人に聞いて乳腺外来を訪れて診察を受けたところ、やはり初期の乳がんだったとか。
その後手術を受けて、定期的に乳腺外来に来ているのだとか。
そう言えば、私も最初は何科に行こうか迷ったのを覚えています。私の場合もすでに乳がんの検査を受けていた人に誘ってもらったのでした。そのお陰で、私はまだ大丈夫です。早期発見早期治療ということはわかっていても、最初の一歩を踏み出すのは勇気が必要かもしれません。

乳がんは何科に行けばよいのか?

乳がんは現在14人の1人という割合で発症し女性のガン疾患の中で第1位となっています。乳がんの疾患年齢の多くは40代から50代にかけてですが最近では20代、30代の若い世代にも増えてきているので注意が必要です。
では乳房に異変があった場合や乳がん検診を受けたい場合には何科に診療したら良いのでしょうか?
初めての方は最初何科に行けば良いのか分からず婦人科に行ってしまう方もいるでしょう。婦人科でも見てくれる所はありますが詳しい診断や治療をしてくれる専門医がいるのは大きな病院の乳腺科や乳腺外来または乳腺専門のクリニックです。一般の病院だと乳がん専門医が常駐していない場合があるのでホームページや電話なので何科があるのか聞き診療している時間や曜日を確認するのが良いでしょう。最近では女性医師による乳がん女性専門外来もあり積極的に相談にのってくれる所もある様です。
乳腺科に診療したら専門の医師の診察と機械での検査があります。診療の方法は視触診とマンモグラフィーと超音波エコーの検査です。マンモグラフィーは痛みを伴う事もありますが直ぐに終わる検査なので心配不要です。
何科を診療すれば分からず放置して大変な事になるケースもあるので乳房に異常があったら何科で診療したら良いかを確認し1人で悩まず診療してみましょう。


Doctors Me編集部から


乳がんかも…と考えると不安になりますよね。
検診では「異常なし」だったのに、乳がんになった人は意外といるんです。モデルの藤森香衣さんもその一人。お話、聞いてみませんか?

モデル藤森香衣の乳がんコラム「自分らしく生きていくために」


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康チェック

健康チェック画像

「乳がんリスク」チェック

しこりや違和感、ありませんか?

ハリウッド女優のアンジェリーナ・ジョリーさんが乳房を切除する手術をおこなったのは記憶に新しいところ。これは彼女が遺伝子検査で自らのがん発症のリスクを知り、その予防のためにおこなったリスク低減手術です。

では、遺伝子以外に乳がん発症のリスクになるものはあるのでしょうか。実は、生活習慣でも乳がんのリスクと関連があるものが明らかになってきています。

あなたの乳がんリスクをチェックして、どんなことに気を付けたらよいか、どんな検査を受けたらよいか、確認してみてはいかがでしょうか。

1 /19

お酒を1日1杯程度(日本酒なら1合(180ml)、ビール中ジョッキ1杯(500ml)、ワインをグラス2杯(200ml))飲む習慣がある

乳がんの他の体験談

女性の病気と妊娠・出産の体験談

  • 食後に動悸を感じたならば

    更年期障害・動悸・食後

    最近、食後に動悸を感じることが増えましたので、とても困ったことになったと思いました。なぜなら、動悸を感じると、とても不安な気持ちになるからです。心臓の病気だろうか、それとも食べ合わせが悪かったのだろうかと心配になります。そのために、せっかくおいしいご飯を食べたあとも、食後にリラックスすることができなくて本当に困りました。 そこで、原因を突き止めるために調べてみましたが、カフェインの過剰摂取が原因…続きをみる
  • 寝起きからめまい。辛い朝の改善法

    更年期障害・めまい・寝起き

    めまいの原因はいろいろあると思いまずが、私の場合は脳ではなく内耳の前庭器官の異常でした。 朝起きてベッドから体を起こした瞬間、クラクラとして立ち上がれなくなりました。夕べはしっかり寝たはずなのに、寝起きの自分にいったい何が起こったんだろうと戸惑いながら、階下のトイレへふらつきながらたどり着くのがやっとです。 脳裏に脳梗塞という文字が浮かび、ものすごく怖くなりましたが、何となくそれとは違うような気…続きをみる
  • 13週ごろからつわりでよく吐くようになりました

    つわり・13週

    妊娠6週から本格的につわりが始まり、特に吐くことはなかったのですがずっと気持ち悪い状態が続いていました。ご飯もろくに食べられず、毎日果物や冷たいおにぎりなどを食べて何とかやり過ごしていました。 特に妊娠9週~11週までがピークで、気持ち悪さがかなり強くなり常に何かを口にしていないとダメな状況になってしまいました。 でも妊娠12週を過ぎた頃から少しずつご飯も食べられるようになり、このままつわりが落…続きをみる
  • つわりの時吐きたいのに吐けない状況がずっと続いていました

    つわり・吐けない

    つわりが始まりずっと気持ち悪い状態が続いていました。ただ私の場合は気持ち悪くて吐きそうになりトイレには駆け込むのですが、結局吐けずに戻ってくるといった状況が続いていたのです。でもあまりにも気持ち悪い時は、たまに吐くこともありました。一度吐くとその後しばらくの間はかなり楽になるので、出来れば吐いて楽になりたいと考えていたのですが中々吐けない状態が続いていたのです。あまりにも気持ち悪いときは自分から…続きをみる
  • 生理痛で救急車に運ばれた体験について

    生理痛・救急車

    私は、中学生から20歳過ぎまで生理痛がとてもひどく、毎月憂鬱でたまりませんでした。生理が始まってしばらく経つと、腰と下腹部が重だるくなり、説明するのが難しい激しい鈍痛が起こります。 あまりにも痛くて脂汗がでて、だんだん気持ち悪くなってしまいます。気持ち悪さがピークになると吐いて、寒気も起こります。 痛がり方が尋常ではないので、自宅にいる時は両親が病院まで連れて行ってくれていました。しかし、高…続きをみる
健康チェック画像

「乳がんリスク」チェック

しこりや違和感、ありませんか?
健康チェックする