医療・健康領域の専門家によるヘルスケアメディア、QAサイト 【Doctors Me(ドクターズミー)】

生理痛せいりつう

カテゴリ
女性の病気と妊娠・出産
様々な症状
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

生理痛とは

生理痛(月経痛)とは、女性が生理になると現れる痛みのことです。腹痛や腰痛、頭痛などさまざまな痛みが生じます。痛みや不快感から気持ちから沈んでしまい、うつ状態になる場合もあります。

生理痛が重い場合は、子宮内膜症や子宮筋腫などの病気が隠れていることもあります。将来的に不妊につながる場合もあるため、放置せずに早めに婦人科を受診しましょう。低用量ピルや漢方など、一人ひとりに合った治療法が選択できます。

早めの受診が必要な場合

以下のような場合には、早めに婦人科に受診してください。
・レバーのような大きな血の塊が多く出てくる
・生理の間隔や日数が毎回異なり、安定しない
・経血量が多く、ナプキンが1時間もたない
・8日以上出血が続いている
・2日以内に生理が終わる
・鎮痛薬が必要なほどの強い生理痛が毎回ある など



生理痛は個人差が非常に大きく、特に症状がない場合から、甚大な痛みで歩くことすら困難になる場合までさまざまです。重い生理痛には病気が隠れていることもあり、ときに不妊につながります。気になる症状があれば、早めに婦人科に相談するようにしましょう。

生理痛の原因

生理の流れ
生理に痛みがともなう原因として、主に「プロスタグランジン」というホルモンが影響しています。プロスタグランジンの作用による生理痛は、主に以下の要因が考えられています。


  1. プロスタグランジンの過剰分泌

    プロスタグランジンの図
    女性の体の中では、生理が始まる数日前から「プロスタグランジン」という子宮の収縮作用を持つホルモンが分泌されます。

    プロスタグランジンが分泌されることで、子宮は収縮し、経血の排出がスムーズになります。しかし、分泌と同時に痛みも発生するため、生理痛が起こるのです。

    また、プロスタグランジンの分泌量には個人差があり、分泌量が多いほど痛みが強いとされています。


  2. 子宮口の未発達

    10~20代前半の若年期の女性や、妊娠・出産を経験していない女性は、子宮の発達が十分ではありません。

    経血は子宮口を通って排出されます。子宮口の周りが狭く硬い状態では、経血がスムーズに排出されません。そこで、プロスタグランジンが多量に発生し、子宮を収縮させて排出を促そうとするため、痛みが強くなります。

    30代以降の女性や妊娠・出産を経験した女性は、生理痛が軽減していく傾向にあります。


  3. 冷えやストレスからくる血行不良
    冷房による冷えや、長時間のデスクワークなどは血液の循環を悪くしてしまいます。プロスタグランジンは、子宮だけでなく全身の血管の働きにも作用するため、循環が悪くなった血管をさらに収縮させようとします。

    締め付けの強い下着や服装、喫煙などはさらに血流を妨げ、症状や痛みを悪化させる原因になります。精神的ストレスや過労も、ホルモンの分泌を乱して、血流不足や酸素不足を引き起こすため注意が必要です。



日常生活に支障が出ている場合は婦人科へ


上記のように、生理痛の原因には、ホルモンの影響やストレス、冷えなどが挙げられます。日々の生活習慣を改善すると、ある程度までは改善することができます。

しかし、痛みが激しい場合や、日常生活に支障をきたすほどの症状がある場合は、月経困難症、子宮内膜症、子宮筋腫、子宮腺筋症などの病気という可能性もあります。治療が必要なため、早めに婦人科へ相談するようにしましょう。

生理痛の治療

生理痛の原因を探す


重度の生理痛は、子宮内膜症などの病気の可能性があるため、治療の前に検査を行います。内容としては、医師による問診や内診という基本的な検査に加え、エコー検査、血液検査、など、状況に応じて複数の検査が組み合わされます。

一部の検査は生理後に受けること理想的ですが、生理中に我慢できない痛みや不調があった際は、気にせず婦人科に相談しましょう。

※生理痛で受診した場合の費用
目安として、問診と内診のみを行った場合、初診で健康保険を用いると自己負担は5000円以内で足りることが多いでしょう。ただし、MRIやCTなど、より詳しい検査が必要になった場合は、1万円以上かかることがあります。これらの検査は緊急時以外は後日になりますが、初診の際は少し余裕をもって1万円ほど持参するとよいでしょう。事前に病院に問い合わせてみると確実です。

低用量ピル


低用量ピルには、避妊以外にも生理痛の軽減、生理不順やPMSの改善、子宮体がんや卵巣がんの予防などが期待できます。重い生理痛に悩まされているのであれば、低用量ピルの服用を検討するとよいでしょう。

月経困難症や子宮内膜症が認められた場合は、保険適応で治療用の低用量ピルを使用します。

低用量ピルの服用開始後1~2カ月の間は、頭痛や吐き気などの副作用が現れることがあります。多くの場合は解消していきますが、合わないと感じた場合は、婦人科医に相談して違う種類の薬に変えてもらましょう。

メリットの多い低用量ピルですが、まれに血栓症のリスクが増加する可能性があります。そのため、定期的な血液検査が必要です。

漢方


漢方薬は、体を温めて血行を良くしたり、精神的な緊張をほぐしたり、薬によってさまざまな効果を持ちます。一人ひとりの体質に合わせて、当帰芍薬散や加味逍遙散、桂枝茯苓丸などが処方されます。

生理痛が起こりにくい体質に改善する効果が期待できます。

市販の鎮痛薬を使用する際の注意点


生理痛がひどく、市販の鎮痛薬を使用する際は、薬剤師に相談しましょう。

薬の成分によっては、胃が荒れ、ひどい場合には胃炎や胃潰瘍になる場合があります。空腹時の服用は避けましょう。また、長期間の服用や、規定量を超えて使うことはしないでください。

生理痛の緩和方法

体を温める


湯たんぽやカイロなどで、下腹部を温めましょう。お尻の少し上、腰の中心の背骨あたりも温めてあげるとより効果的です。ブランケットを膝にかけたり、腹巻をしてもよいでしょう。

また、生理中はついシャワーなどで軽く済ませてしまいがちです。生理中だからこそ、ゆっくり湯船につかって全身を温める習慣をつけましょう。特におへそから下をじっくり温めてあげることで、血流が改善し、生理痛の緩和が期待できます。

生理中は、温かい物を飲むようにしましょう。ただし、コーヒーなどカフェインを含む飲み物は生理痛を悪化させてしまうため、白湯やノンカフェインのハーブティーなどを選ぶようにしましょう。

軽い運動


血流を改善するということに役立つのは、軽い運動です。全身の血流を改善するのに役立ちます。ただし、生理痛がひどくて動けない場合は無理に動かないでください。

近所のスーパーや公園などに運動がてら出かけてみるのがよいでしょう。お風呂で体を温めた後に、軽いストレッチを行うのもおすすめです。

姿勢


生理痛に姿勢はとても大切です。まず、普段から猫背が習慣づいていると、腹部が圧迫されてしまいます。それに伴って子宮も窮屈になり、生理痛が悪化する可能性があります。

まっすぐな姿勢を心がけ、腰を反るようなポーズを取ると、腰周辺の血液の巡りもよくなります。

ストレッチがてら、軽い背伸びや深呼吸をするように心がけましょう。

生理痛があるときの食事



  1. 生理中におすすめの食べ物
    ●アーモンド
    アーモンドには、子宮の収縮を和らげるマグネシウムが含まれています。そのうえ、女性ホルモンのバランスを整えてくれるビタミンEが豊富に含まれています。ビタミンEには、アンチエイジング作用もあるため、おやつに取り入れてみましょう。

    ●しょうが
    しょうがには、体を温めてくれる効果があります。スープや鍋など、温かい料理に入れるとよりよいでしょう。

    ●グレープフルーツ
    グレープフルーツは、クエン酸の作用で血行をよくし、むくみを緩和してくれます。

    ●大豆製品
    豆乳や豆腐などの大豆製品はたんぱく質が豊富で、貧血などにも効果的です。

    ●ハーブティー
    ハーブティーは香りもよく、リラックスすることができます。できるだけホットで、カフェインを含まないものを選ぶようにしましょう。


  2. 生理中は避けたほうがよい食べ物
    ●カフェイン
    カフェインには、血管収縮作用や体を冷やす作用があります。コーヒーや紅茶、緑茶などのカフェインを含む飲み物は、生理痛を悪化させるため避けたほうがよいでしょう。チョコレートにもカフェインが含まれるため生理中は控えたほうがよいでしょう。

    ●白砂糖
    白砂糖は摂りすぎると体を冷やし、血流を悪化させます。生理中は、白砂糖を多く含むお菓子や過度に甘い飲み物は避けるようにしましょう。甘いものが欲しくなったときは、フルーツなどを食べてしのぎましょう。

    ●冷たいもの
    生理痛のにときは、冷たい飲み物は避けましょう。夏などには特に、アイスクリームやシャーベット、シェイクなどを選びがちですが、生理中には好ましくありません。氷入りの飲み物も控えて、できれば常温や、温かい飲み物を飲むようにしましょう。


生理痛のときに押すツボ


生理痛のときに、痛みを和らげる方法の一つに「ツボ」が挙げられます。ツボを押したり、あるいはその部分を温めたりすることによって、生理痛を緩和することができると考えられています。


  1. 合谷(ごうこく)
    手の親指と人差し指の根元が交差するあたりの、ほんの少し人差し指側の引っ込んだ部分が合谷です。

  2. 三陰交(さんいんこう)
    足の内側のくるぶしの最も飛び出た部分から指4本分上の、骨の少し後ろにあるくぼみが三陰交です。このツボは、冷え性などの改善によいとされています。

  3. 気海(きかい)
    おへそからだいたい指2本分下にあるツボが気海です。生理痛を和らげてくれるほか、生理不順や、生理のときにありがちなお通じの不調にも効果があるとされています。

  4. 関元(かんげん)
    関元は、おへそから指4本分下にあるツボです。この指1本分下には、中極(ちゅうきょく)と呼ばれるツボもあり、いずれも生理痛に効果的といわれています。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください

健康チェック

健康チェック画像

「生理痛になりやすい生活習慣」チェック

気付かない間に自分のこと痛めつけてるかも…!

生理痛、つらいですよね。
吐き気や頭痛、腰痛、下痢…と症状も度合いも人それぞれ。どうにかして生理痛を緩和したい!と思って薬に頼っている人にこのセルフチェックをオススメします。普段口にしている食べ物や飲み物、生活習慣が原因で生理痛を悪化させているかもしれません。自分で自分を痛めつける必要はありませんよ。まずはチェックをしながら普段の生活習慣を見直してみましょう。

生理痛について

1 /10

常にダイエットを心がけている

健康チェック画像

「生理痛になりやすい生活習慣」チェック

気付かない間に自分のこと痛めつけてるかも…!
健康チェックする