更年期障害の体験談

更年期障害、精神的ストレスとアレルギーの関係

医師確認済み

アレルギーから来る蕁麻疹と思っていたら更年期障害でした

五十代に入った頃、今まで出たことのない蕁麻疹が、お風呂で温まった後に出るようになりました。放っておけば引くので気にしないでいたところ、寝入りばなに毎晩出るようになり、かいてしまうと身体が腫れぼったくなって眠れないほどでした。なので、何かのアレルギーかと思い、病院でアレルギー検査をして原因をつきとめたいと相談したのです。
すると、検査をしてもたぶん「これ」というのは特定できないと思う、更年期障害ではよくあることですよ、と言われました。原因になっている食べ物を控えれば治るのでは?と思っていたので、ちょっとショックでしたが、更年期障害によるエストロゲンの低下が肌の乾燥に関係していると聞いて、風呂上がりにボディーミルクを塗るようにしたところ、症状が軽くなりました。
疲れていると出やすいので、あまり無理をしないように気をつけ、出てしまったときには、病院でもらった抗ヒスタミン剤を飲むようにしています。薬を飲むと蕁麻疹が引いて眠れるので、眠れないから余計に疲れて出てしまう、というループはなくなりました。

更年期障害でアレルギー反応が出たことがあります

更年期障害になってしまった時にアレルギー反応が出てしまったことがあります。簡単に言いますと咳が止まらなくなりました。おそらく部屋の中に漂っていた埃が原因だと思います。それを避けるためにはマスクを着用して生活をしなければなりませんでした。しかし、それでも改善されないこともあったのです。
食事に関しても気をつける必要がありました。たまごや牛乳に関しても気をつけるようにしました。たまごは熱して食べるようにしましたし、牛乳も温めて飲んでいたのです。このように配慮をして生活をしていく必要がありました。
更年期障害でアレルギー以外の症状が出ることはありませんでした。体が痛くなったり眠くなることは無かったのです。しかし、アレルギーのために食べ物まで制限されてしまうのは困ってしまいました。このような辛い状態をしばらく継続していたら調子が良くなってきたのでそろそろ美味しい物を食べても大丈夫だろうと思っています。

更年期障害でアレルギーが出てしまうことがあったのです

更年期障害になってしまった時にアレルギー症状が出てしまうことがありました。主に、たまごや肉を食べるとアレルギーを感じました。それを防ぐためにはそれらの食品を制限しなければならなくなってしまったのです。
たまごを使った料理は美味しいものが多く、それを我慢しなければならない状態になった時は辛いと感じました。しかし、それも病気を治していくために必要なことだと理解したら頑張ることが可能となっていったのです。
更年期障害は治るまでに時間がかかると感じました。好きな物を食べなようにしてかなり時間が経過しましたが未だに不安を感じることがあります。しかし、たまごは熱して食べればいくらか大丈夫になってきました。肉類も量を制限して食べればそれほど問題は無くなってきたのです。
このように更年期障害のアレルギーは解決に時間はかかるものの、それ相応の対応をしていけば治っていくのです。ですから、諦めないことが何よりも大切であると言えます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
更年期障害の他の体験談

女性の病気と妊娠・出産の体験談

  • 13週ごろからつわりでよく吐くようになりました

    つわり・13週

    妊娠6週から本格的につわりが始まり、特に吐くことはなかったのですがずっと気持ち悪い状態が続いていました。ご飯もろくに食べられず、毎日果物や冷たいおにぎりなどを食べて何とかやり過ごしていました。 特に妊娠9週~11週までがピークで、気持ち悪さがかなり強くなり常に何かを口にしていないとダメな状況になってしまいました。 でも妊娠12週を過ぎた頃から少しずつご飯も食べられるようになり、このままつわりが落…続きをみる
  • つわりの時吐きたいのに吐けない状況がずっと続いていました

    つわり・吐けない

    つわりが始まりずっと気持ち悪い状態が続いていました。ただ私の場合は気持ち悪くて吐きそうになりトイレには駆け込むのですが、結局吐けずに戻ってくるといった状況が続いていたのです。でもあまりにも気持ち悪い時は、たまに吐くこともありました。一度吐くとその後しばらくの間はかなり楽になるので、出来れば吐いて楽になりたいと考えていたのですが中々吐けない状態が続いていたのです。あまりにも気持ち悪いときは自分から…続きをみる
  • 生理痛で救急車に運ばれた体験について

    生理痛・救急車

    私は、中学生から20歳過ぎまで生理痛がとてもひどく、毎月憂鬱でたまりませんでした。生理が始まってしばらく経つと、腰と下腹部が重だるくなり、説明するのが難しい激しい鈍痛が起こります。 あまりにも痛くて脂汗がでて、だんだん気持ち悪くなってしまいます。気持ち悪さがピークになると吐いて、寒気も起こります。 痛がり方が尋常ではないので、自宅にいる時は両親が病院まで連れて行ってくれていました。しかし、高…続きをみる
  • つわりの時吐きたいのに吐けない状況がずっと続いていました

    つわり・吐けない

    つわりが始まりずっと気持ち悪い状態が続いていました。ただ私の場合は気持ち悪くて吐きそうになりトイレには駆け込むのですが、結局吐けずに戻ってくるといった状況が続いていたのです。でもあまりにも気持ち悪い時は、たまに吐くこともありました。一度吐くとその後しばらくの間はかなり楽になるので、出来れば吐いて楽になりたいと考えていたのですが中々吐けない状態が続いていたのです。あまりにも気持ち悪いときは自分から…続きをみる
  • 13週ごろからつわりでよく吐くようになりました

    つわり・13週

    妊娠6週から本格的につわりが始まり、特に吐くことはなかったのですがずっと気持ち悪い状態が続いていました。ご飯もろくに食べられず、毎日果物や冷たいおにぎりなどを食べて何とかやり過ごしていました。 特に妊娠9週~11週までがピークで、気持ち悪さがかなり強くなり常に何かを口にしていないとダメな状況になってしまいました。 でも妊娠12週を過ぎた頃から少しずつご飯も食べられるようになり、このままつわりが落…続きをみる