更年期障害の体験談

寒気が治らないなら更年期障害を疑って診察を受けよう

医師確認済み

寒気が治らないなら更年期障害を疑って診察を受けよう

ゆっくりお風呂に入って寝ようと思ったのに、いざ布団に入っても、なかなか体が温まらず、寒気がして眠れないことがあります。もしかしたら、冷え性の症状がひどくなったのかもしれないと不安になりました。
そこで、同じような症状について悩んでいる人はいないだろうかと、健康に関する口コミサイトをチェックしてみました。すると、更年期障害でも、深刻な寒気を感じることが分かりました。友人や同僚も更年期障害で苦しんでいますから、まったく他人事ではありません。
とても不安になりましたので、婦人科を訪れて相談してみました。すると、更年期障害の治療に効果的な漢方薬を紹介してもらえました。冷え性にも有効で、体が芯から温まるそうです。
早速、処方された漢方薬を飲み始めましたが、夜は体がぽかぽかして、ぐっすり眠れるようになりました。昼間も寒気を感じることがありませんので、とても助かります。早めに婦人科を訪れて本当に良かったです。

更年期障害で夏でも寒気があります

50歳の女性ですが、昨年あたりから更年期障害で辛い症状が多々あります。日中立仕事をしているのですが、物事に集中していると突然めまいが起こるのです。あまりにも頻繁なので病院で診てもらいましたが、検査をしても何も異常が見つからず、医師からは更年期障害だと告げられました。
そして夏でも寒気がするので、長袖を着用しています。更年期に入ると体温の調節が上手くできなくなる…と聞いたことがあります。
いろいろな更年期の症状で悩ませられており、時折うつ的な気持ちになってしまいます。40代の前半まではまだまだ大丈夫だと思っていましたが、健康に自信がなくなってきている昨今です。寒気や眩暈、肩こりや片頭痛など、閉経してから起こっている症状です。上手く乗り越える方法はないものかと思案していますが、女性ホルモンの調節を行うことで少しは楽になるのではないかと考えています。とにかく今の症状を少しでも改善したいという思いで一杯です。

更年期障害で寒気を感じることが多くなり、対処をしました

更年期障害になってからは体温が低下をしてしまったのです。そこで寒気を感じることが多くなってしまったのです。厚着をしても寒気を感じることはあり、困ってしまったのです。
そこで私は体温を上げるために食事を変えることにしました。暖かいものを中心に食べるようにしていったのです。たとえば、冷たい物を飲むことを控えて暖かい鍋を食べるようにしました。それ以外にもコーヒーやホットココアを飲むことも多くなっていきました。こうやって対処をしていました。
足湯なども試してみました。これは効果が大きかったように感じています。温泉に行くことも多くなりました。一ヶ月に2,3回は温泉に行っています。このようにして体をいたわるようにしたら体温が高まってきました。そして更年期障害のよる寒気を感じにくくなっていきました。この習慣はこれからも続けていこうと思っています。体温が高まってくると体調も良くなります。ごはんを食べる時もよく噛んでいます。これが効果があったとも言えます。

更年期障害になると寒気を感じる?

更年期障害になると汗をかきやすくなったり、他人が寒がっているのに自分だけ暑いという話をよく聞きますが、私の場合は反対です。元々は大変な暑がりで、夏になると猛暑でもないのに汗だくになっていることが多々ありました。ところが、更年期を迎えてからはとにかく寒いのです。寒いというよりも、風邪を引いたときの様な寒気がするのです。部屋の温度をかなり上げないと収まらず、他の人に迷惑なので厚着をしたり、断熱効果のある下着を身に着けたりするようにしています。
更年期障害というのは卵巣機能が低下してホルモンバランスを崩すことによって体に様々な不調が現れることです。その典型的なものが自律神経の失調なので、自分で体温の調整ができなくなることから寒気を感じるようです。
原因が自律神経であるならば、身体を暖めることはもちろん大切ですが、心のリラックスも必要になってきます。軽い運動をする、ゆったりできる音楽を聴いたり楽しいと思える時間を持つことも大切なのですね。

更年期障害で寒気に悩まされた日々

私は、40代の半ばあたりから更年期障害の症状に苦しむようになりました。
更年期障害による体の変化や痛み、また気持ちの落ち込みなど、いろいろ大変でしたが、今回は手足の冷えと寒気について述べていきます。
更年期障害の現れとして、顔や上半身がほてって熱くなったのですが、一方で夏でも手足は冷たくて寒気が収まりませんでした。
暑いのか寒いのか、自分でもよくわからず、薄着にすれば寒気に襲われ、厚着にすれば、顔や首すじにじっとりした汗をかき、年中不調が続いて本当に困りました。
ある時、心配した夫が温泉に連れていってくれました。湯船につかってじっくり温まってほっこりしたら、冷えや寒さも感じることなく、その晩はぐっすり眠ることができて助かりました。
それ以降は、家のお風呂でも同じようにしましたが、やっぱり温泉ほどの効果はなく、特に冬場は夜中に冷えから目を覚ましてしまうことが多く、どうしても自分で自分の体を温めることができませんでした。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
更年期障害の他の体験談

女性の病気と妊娠・出産の体験談

  • 13週ごろからつわりでよく吐くようになりました

    つわり・13週

    妊娠6週から本格的につわりが始まり、特に吐くことはなかったのですがずっと気持ち悪い状態が続いていました。ご飯もろくに食べられず、毎日果物や冷たいおにぎりなどを食べて何とかやり過ごしていました。 特に妊娠9週~11週までがピークで、気持ち悪さがかなり強くなり常に何かを口にしていないとダメな状況になってしまいました。 でも妊娠12週を過ぎた頃から少しずつご飯も食べられるようになり、このままつわりが落…続きをみる
  • つわりの時吐きたいのに吐けない状況がずっと続いていました

    つわり・吐けない

    つわりが始まりずっと気持ち悪い状態が続いていました。ただ私の場合は気持ち悪くて吐きそうになりトイレには駆け込むのですが、結局吐けずに戻ってくるといった状況が続いていたのです。でもあまりにも気持ち悪い時は、たまに吐くこともありました。一度吐くとその後しばらくの間はかなり楽になるので、出来れば吐いて楽になりたいと考えていたのですが中々吐けない状態が続いていたのです。あまりにも気持ち悪いときは自分から…続きをみる
  • 生理痛で救急車に運ばれた体験について

    生理痛・救急車

    私は、中学生から20歳過ぎまで生理痛がとてもひどく、毎月憂鬱でたまりませんでした。生理が始まってしばらく経つと、腰と下腹部が重だるくなり、説明するのが難しい激しい鈍痛が起こります。 あまりにも痛くて脂汗がでて、だんだん気持ち悪くなってしまいます。気持ち悪さがピークになると吐いて、寒気も起こります。 痛がり方が尋常ではないので、自宅にいる時は両親が病院まで連れて行ってくれていました。しかし、高…続きをみる
  • つわりの時吐きたいのに吐けない状況がずっと続いていました

    つわり・吐けない

    つわりが始まりずっと気持ち悪い状態が続いていました。ただ私の場合は気持ち悪くて吐きそうになりトイレには駆け込むのですが、結局吐けずに戻ってくるといった状況が続いていたのです。でもあまりにも気持ち悪い時は、たまに吐くこともありました。一度吐くとその後しばらくの間はかなり楽になるので、出来れば吐いて楽になりたいと考えていたのですが中々吐けない状態が続いていたのです。あまりにも気持ち悪いときは自分から…続きをみる
  • 13週ごろからつわりでよく吐くようになりました

    つわり・13週

    妊娠6週から本格的につわりが始まり、特に吐くことはなかったのですがずっと気持ち悪い状態が続いていました。ご飯もろくに食べられず、毎日果物や冷たいおにぎりなどを食べて何とかやり過ごしていました。 特に妊娠9週~11週までがピークで、気持ち悪さがかなり強くなり常に何かを口にしていないとダメな状況になってしまいました。 でも妊娠12週を過ぎた頃から少しずつご飯も食べられるようになり、このままつわりが落…続きをみる