更年期障害こうねんきしょうがい

カテゴリ
女性の病気と妊娠・出産

更年期障害に関する薬

薬剤師監修

更年期障害の薬の上手な選び方・使い方

更年期障害の症状について悩まされているなら、婦人科のクリニックで相談する方法が適しています。症状に合わせて内服薬を処方してもらえるからです。体調を考慮して内服薬が処方されますから、詳しく説明することが大切です。アレルギーなどの疾患を抱えている場合にも、正直に伝えるべきです。

更年期障害の内服薬を薬局やドラッグストアで購入したい場合には、薬剤師に相談することが大事です。さまざまな内服薬が販売されていますが、火照りやめまいなど、症状に合わせて購入するべきだからです。薬剤師ならば、内服薬の効能や成分について説明をすることができます。さらに、通信販売のサイトを利用して更年期障害の内服薬を入手することも可能です。ただし、症状や体調を自分で念入りにチェックすべきです。通信販売のサイトにチェックシートが掲載されているならば、あらかじめ確認しましょう。

尚、更年期障害の内服薬は、水もしくは白湯で服用する方法が適しています。必ず水か白湯を用意しておきましょう。ほかの飲み物で服用すると、体調不良を発症する危険性があります。内服薬のラベルには説明書が載っていますので、服用する場合には、飲み物に関する注意書きも念入りに確かめることが重要です。

更年期障害の薬の副作用と注意点

更年期障害の内服薬を飲んだ後に、めまいや湿疹などの副作用を発症した時は、ただちに服用を中止しましょう。そのまま飲み続けていると、重篤な疾患を招く恐れがあります。下痢や嘔吐を発症した時は、症状が治まるまで安静を保つべきです。また、医療機関で処方された内服薬なら、かかりつけの医師を訪れて、症状を診察してもらうことが大切です。必ず内服薬を持参して、服用した状況も説明しましょう。

尚、アレルギーなどの疾患を抱えている場合には、さらなる注意が必要です。湿疹や蕁麻疹などの副作用が発症しやすい可能性があるからです。更年期障害の内服薬を服用する時は、必ず医師にアレルギーの疾患について伝えておくことが大切です。成分や効能について、十分に配慮された内服薬を処方してもらえるからです。副作用の症状を事前に避けるためにも、アレルギーの疾患について、医師に話しておきましょう。

薬局やドラッグストア、通信販売のサイトでも更年期障害の内服薬を購入することができます。もしも内服薬を飲んだ後に副作用を発症したら、ただちに適切な医療機関で診察を受けるべきです。必ず購入した内服薬を持参して、今後の服用について指示を受けましょう。

更年期障害の薬の飲み合わせ

更年期障害の内服薬のほかに、漢方薬やサプリメントを服用したいならば注意が必要です。漢方薬やサプリメントを飲み合わせることによって、胃の痛みなどを招くケースがあるからです。もしも回復の遅れや栄養価が気になるために、漢方薬やサプリメントを併用したいと考えたなら、かかりつけの医師に相談することが大事です。飲み合わせの危険性もしくは安全性について詳しく教えてもらえます。回復の遅れや栄養価に関する有益なアドバイスをもらうこともできます。漢方薬もしくはサプリメントを併用したいなら、婦人科医を訪れて診断を受けましょう。手元に漢方薬やサプリメントがあるならば、必ず持参して説明書を確認してもらうことが大切です。

また、更年期障害の内服薬を、アルコールやカフェイン飲料など刺激が強い飲み物を使って服用することは避けましょう。飲み物との飲み合わせによって、具合が悪くなる場合があります。アルコールやカフェイン飲料との飲み合わせは避けて、白湯や水を選ぶことが大事です。更年期障害の内服薬をしているなら、飲み会などの出席は慎重にすべきです。どうしても避けられない会合があるならば、あらかじめ医師に相談する方法が最適です。
  • 薬は効果をしっかりと引き出しながら、できるだけ副作用を抑えることが大切です。使用法・用量、飲み合わせに十分注意し服用してください
  • 専門家の皆様へ。薬の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更年期障害に関する薬一覧