微弱陣痛びじゃくじんつう

カテゴリ
女性の病気と妊娠・出産
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

微弱陣痛とは

微弱陣痛とは、陣痛が始まったのに子宮の収縮が弱く、陣痛の持続時間が短く、陣痛の合間が長くお産の進行に支障をきたすものをいいます。微弱陣痛ではお産が長引きやすく、母体に疲労がたまることがあります。

微弱陣痛の症状

陣痛が一度始まると、本来であれば出産まで陣痛時間は徐々にながく、間隔は短く、痛みは強くなります。しかし、「痛みが弱くなる」「間隔が長くなる」など陣痛が遠のいてしまう症状がおこる場合があり、これを微弱陣痛といいます。
  
微弱陣痛は医師や助産師の触診、モニタリングから判断されるため、本人は痛みが強く微弱陣痛だと自覚していない場合もあります。微弱陣痛は突発的におこるため、自己の判断ではなく医療者側の判断に任せることが大切です。
   
また、微弱陣痛にはお産の途中で陣痛が止まる・弱くなるを繰り返す「続発性微弱陣痛」と、はじめから陣痛が弱い「原発性微弱陣痛」があります。

微弱陣痛の原因

微弱陣痛の原因は、子宮の収縮力が弱いことです。
  
子宮の収縮が弱くなる原因はさまざまですが、物理的な要因としてあげられるのは、骨盤位などで子宮頚部への圧迫刺激が少ない、羊水過多や多胎妊娠、胎児が育ち過ぎているなどで子宮や子宮筋が伸びていることがあげられます。妊婦の太りすぎや、骨盤のかたちや大きさが原因で、赤ちゃんがなかなかおりてこられず時間がかかりすぎるために陣痛が遠のいてしまう場合もあります。

また、母体の睡眠不足、出産への不安など過度の緊張、長時間にわたる拘束での疲労も大きな原因として考えられます。

微弱陣痛の治療法

確実に微弱陣痛を防ぐ方法は確立されていませんが、予防としてできることはいくつかあります。
  
まず、妊娠中の体重管理をしっかりとして太りすぎないようにし、子宮周りの筋肉の状態を正常にします。次に、極力リラックスできるように心掛けることです。里帰り出産などの場合は早めに戻り、産院をよく知っておくことも大切です。
  
微弱陣痛がおきたあとは、陣痛が弱くなっているタイミングで、階段の上り下りをするなど軽く体を動かすのも効果的です。こまめにトイレにいき、膀胱におしっこを溜めないことも大切です。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください