生理以外の出血には、さまざまな原因が!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
執筆者画像

監修:Doctors Me 医師

どの場合も、自己診断は禁物

生理ではないときに膣から出血することを不正性器出血といいますが、中には尿道や肛門からの出血を、不正性器出血と間違われているケースもあります。

今回は、不正性器出血について解説をしますが、もし該当しない場合は、他の部位からの出血も考えられるので、その場合も速やかに医療機関を受診してください。

不正性器出血の種類

1:ホルモンの異常や変化によるもの(機能性出血)
2:外傷(けが)によるもの
3:妊娠によるもの
4:炎症によるもの
5:腫瘍によるもの
6:出血しやすくなる病気(薬や健康食品も含む)によるもの


このうち、2〜5(器質性出血)や6は医療機関で診断し、状況によっては治療が必要になることもあります。
不正性器出血に関係するのは外陰部、膣、子宮、卵巣などで、そこに炎症(細菌などの感染・閉経後の膣炎など)や腫瘍(悪性・良性)ができると出血することがあるのです。また、出血以外にもおりものの変化やかゆみ、下腹部痛、熱などの他の症状が出ることもあります。

問診や検査などでそれらが無いことがはっきりした場合、1のホルモンの異常や変化による出血(機能性出血)と考えれます。女性の性周期には卵胞ホルモンと黄体ホルモンというホルモンが大きく関わっており、それらのバランスが崩れたり、量が足りないことなどの影響が大きいのですが、年齢によって原因は違ってきます。

機能性出血の原因

卵巣機能のバランスが崩れやすい思春期や更年期は、排卵が不安定で排卵後にできるはずの黄体ホルモンが分泌されず、機能性出血を起こしやすくなります。また、精神的なストレス、過度の運動、環境の変化、薬剤、過度の減食や過食、女性ホルモン以外の病気なども原因です。

いっぽうで、排卵期出血という排卵期に起きる少量の出血は病的なものではなく、ほとんど治療の必要はありません。生理と生理のちょうど間くらいにあるので、中間出血とも呼ばれます。
特徴は「排卵期にある」、「期間が短い(1〜3日間)」、「出血量が少し」の3点です。つまり、この3つに該当しない場合は、他の病気の可能性が大。速やかに医療機関を受診しましょう。

(監修:Doctors Me 医師)

【医師からのアドバイス】

生理以外の出血は、不安になりますよね。
不正性器出血を認めた場合、どこからの出血なのか、どんなときに出血するのか、他の症状がないのかをよく確認して、婦人科などの医療機関を受診して下さい。また、排卵期出血に似た不正出血もありますので、気になる場合はやはり医療機関に相談を。

生理不順のあなたの妊娠力は…?
【妊娠しやすい身体】チェック

  • この記事は、医療・健康に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • 専門家の皆様へ。記事の内容について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するコンテンツ

不正出血について