月経前症候群(PMS)/月経前緊張症げっけいぜんしょうこうぐん(ぴーえむえす)/げっけいぜんきんちょうしょう

カテゴリ
女性の病気と妊娠・出産
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

月経前症候群(PMS)/月経前緊張症とは

月経前緊張症は、月経開始の10日ほど前から起こるもので、月経周期に伴うさまざまな身体的・精神的症状の総称です。症状は個人差が大きいため一概にはいえませんが、いらいら、のぼせ、下腹部膨満感、下腹痛、腰痛、頭痛、乳房痛などがあげられます。いずれの場合も月経の開始とともに症状は消えます。月経前症候群(PMS)の呼び名でも広く知られています。

月経前症候群(PMS)/月経前緊張症の症状

月経前症候群の症状は身体的症状と精神的症状とに分類することができます。症状の出方には個人差が大きく、代表的な症状のうちのいくつかが複合して発生する場合がほとんどです。また、月によって症状の内容が変化することもあります。
  
・主な身体的症状
下腹部痛、下腹部膨満感、頭痛、乳房の張り、乳房痛、腰痛、関節痛、むくみ、体重の増加、にきび、めまい、食欲亢進、便秘、下痢、動悸、不眠、必要以上の睡眠欲、など
  
・主な精神的症状
情緒不安定、憂鬱、緊張、無気力、孤独感、怒りやすくなる、パニック、集中力の低下、判断力の低下、涙もろくなる、悪夢を見る、攻撃性を増す、など

月経前症候群(PMS)/月経前緊張症の原因

月経前症候群の原因には諸説あります。いまだ明確には解明されていませんが、いくつかの有力な説が挙げられています。
  
・卵巣ステロイドホルモンに対する標的器官の感受性の差
・水分貯留症状や低血糖類似症状から、レニン・アンジオテンシン系の異常
・セロトニンに代表されるような神経伝達物質の異常分泌
  
いずれの説の場合でも、卵胞刺激ホルモン、卵胞ホルモン、黄体形成ホルモン、黄体ホルモンといった女性ホルモンの分泌と深く関係しているのは間違いないようです。

月経前症候群(PMS)/月経前緊張症の治療法

原因が解明されていませんので、月経前症候群には完全な治療法はまだありません。基本的には対症療法をとることとなります。
  
しかし非常に個人差の大きい症候群でもあるため、対策の有効性にも個人差があります。ある人に効果的だった治療法がほかの人にも有効だという保証はどこにもないため、さまざまな療法を試してみる必要があります。
  
具体的な治療法としては、低用量ピルを用いたホルモン療法や、頭痛薬や鎮痛剤、向精神薬を用いる方法があります。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください

健康チェック

健康チェック画像

「月経前症候群」チェック

生理前の不調、PMSと言われる症状かも!一人で悩まずまずはセルフチェック!

女性にとても大切な生理。だけど毎月なんとなくゆううつになる方も多いと思います。
月経前症候群(PMS)があると、症状もさらに「生理ってつらい…」と感じてしまいますよね。中には生理前になると急にイライラすることで日常生活に支障をきたすほどの症状に悩む人もいます。症状に個人差はありますが、多くの女性が同じような悩みを抱えています。ご自分の症状がPMSでないか、セルフチェックしてみましょう。

1 /15

生理前になると、イライラして人にあたってしまう

健康チェック画像

「月経前症候群」チェック

生理前の不調、PMSと言われる症状かも!一人で悩まずまずはセルフチェック!
健康チェックする