月経前症候群/PMSに関する薬

薬剤師監修

月経前症候群/PMSの薬の上手な選び方・使い方

月経前症候群、PMSと呼ばれていますが、症状に個人差はありますがひどい場合には辛いですね。今回は月経前症候群/PMSの薬について紹介します。

まず月経前症候群/PMSの薬ですが、現在では低容量ピルが第一選択肢です。低用量ピルは婦人科で処方してもらえます。症状や年齢に合わせて何種類かの中から選択します。1カ月単位から数カ月単位で処方してくれる病院がありますが、最初は様子を見るために1シート(1カ月)分を処方してもらうのが安心でしょう。処方されたら、なるべく毎日決まった時刻に飲みましょう。最近は生理期間や薬の服用状況を記録できるスマートフォンのアプリもあるので、飲み忘れがないように積極的に活用しましょう。

処方された薬が身体に合っていれば、1シートを飲み終えて、生理がはじまるまでの期間の辛さはかなり軽減されているはずです。また一般的には出血量も減るため、生理のたびに貧血を起こしていたような人はかなり楽になるでしょう。1シートを飲み終える前か、生理の期間中に再度婦人科を受診し、現在の状態を伝えて次のシートを処方してもらうのも忘れないようにしましょう。次のシートは前のシートを飲み終えた1週間後から飲みはじめます。

月経前症候群/PMSの薬の副作用と注意点

女性にとって利点の多い月経前症候群/PMSの薬(低容量ピル)ですが、やはり薬ですので注意点や副作用があります。

まず薬を飲むのに注意が必要な人、飲んではいけない人がいます。40歳以上の女性は血栓症のリスクが高くなるため、注意が必要です。また喫煙者や肥満症の人なども、医師の判断によって使用できないことがあります。飲んではいけない人は、以前薬でアレルギーを起こした人、乳がんや子宮がんなどの患者やその疑いのある人、高血圧の人、原因不明の異常出血のある人、妊娠中またはその可能性のある人、授乳中の人などです。

副作用については、軽い吐き気、軽い頭痛、胸の張りなどが挙げられます。どれも2,3日で治まるものが多いので、あまり心配しなくてもいいでしょう。また生理期間中でもないのに軽い不正出血を起こす人がいます。何シートか続けて飲んでいるうちに治まると言われていますが、長く続くようであれば医師に相談しましょう。そのまま飲み続けるように言われる場合もありますし、他の薬に変えてみるという選択をする場合もあります。

一番深刻な副作用は血栓ができることですが、日本では毎回診察時に血圧を図りますので、喫煙者以外はそう心配する必要はないでしょう。

月経前症候群/PMSの薬の飲み合わせ

月経前症候群/PMSの薬(低容量ピル)にも食べ合わせ、飲み合わせはあります。

ステロイド系の飲み薬、ある種類の抗生物質、血糖降下剤、抗てんかん剤などの一部は飲み合わせが悪いとされています。婦人科以外の診療科にかかる場合、必ず月経前症候群/PMSの薬を飲んでいることを医師に申告しましょう。ちなみに市販されている薬には特に飲み合わせが悪いものはありません。

実はサプリメントにも飲み合わせが悪いものがあります。セントジョーンズワートという、精神安定の成分が含まれているサプリメントです。このサプリメントは薬の効果を弱めます。ダイエット系のサプリメントや、安眠効果をうたうお茶にも含まれていることがありますので、このようなサプリメントやお茶を購入する場合は、成分をよく確認しましょう。もう1つ意外な食べ合わせがあります。グレープフルーツです。普通に食後のデザートとして食べたり、ジュースを1,2杯飲む程度であれば問題ありません。しかし、一度に何個も食べてしまうと、薬の副作用が強く出てしまう可能性があるので注意しましょう。

以上の注意点に気をつけて、月経前症候群/PMSが改善され、清々しい毎日を送りたいものですね。
  • 薬は効果をしっかりと引き出しながら、できるだけ副作用を抑えることが大切です。使用法・用量、飲み合わせに十分注意し服用してください
  • 専門家の皆様へ。薬の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

月経前症候群/PMSに関する薬一覧