習慣流産ふいくしょう/しゅうかんりゅうざん

カテゴリ
女性の病気と妊娠・出産
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

習慣流産とは

胎児が妊娠22週未満で母体から娩出されることを「流産」といい、なんらかの理由で胎児が生存できず妊娠が継続しなくなってしまうことを示します。
「習慣流産」とはこの自然流産を3回以上繰り返すことをいいます。この習慣流産は、繰り返す流産や死産によって赤ちゃんが元気に生まれることができない状態である「不育症」の一つに定義されています。

習慣流産の症状

受精しない、受精しても子宮に着床せずに妊娠に至らない「不妊症」とは異なり「習慣流産」は妊娠に至ってもお腹の中で赤ちゃんが育たずに自然流産してしまうケースをいいます。流産は妊娠の10~20%の頻度で起こるとされています。そしてそれは女性の加齢とともに増加していくといわれています。これは母体の加齢に伴い胎児の染色体異常の割合が増加することによるとされます。

健康な男女のカップルであっても胎児の染色体異常などにより流産をしてしまうことは決して珍しいことではありません。しかし、習慣流産のように流産を繰り返す場合は特別な原因がないかを調べることが進められています。

習慣流産の原因

通常2回までの自然流産は10人に1人で起こり得ることであり特に妊娠初期の流産の半数以上は偶発的な胎児の染色体異常が原因とされています。
しかし3回以上の自然流産を起こす「習慣流産」にはいくつかの原因があります。

・夫婦染色体異常…夫婦のいずれかの染色体に異常がある場合、受精卵にも染色体異常が起こる可能性がある。
・子宮形態異常、子宮筋腫…子宮に異常があるために胎児に栄養が供給できない。
・内分泌異常…甲状腺機能の低下などホルモン分泌に異常がある。
・凝固異常…プロテイン欠乏症や抗リン脂質体症候群など血液を固める機能に異常があると胎児に栄養がいきにくくなるなどが習慣流産の要因になりうるとされています。

習慣流産の治療法

多くの流産の原因は染色体異常など胎児側の要因であるために予防することができません。しかし原因となる異常が両親にある場合にはその原因に対して治療を行うことによって習慣流産に有効となることがあります。

例えば子宮形態の異常や子宮筋腫の場合には手術による療法、甲状腺機能の低下であれば甲状腺ホルモンを補充するなどの治療が有効です。自然流産を繰り返してしまう場合には専門の病院・医師の診断を受け、その原因となるものがないか検査することが大切です。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください