処女膜閉鎖しょじょまくへいさ

カテゴリ
女性の病気と妊娠・出産
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

処女膜閉鎖とは

処女膜は通常であれば、膣を完全に閉鎖せず、膣口の部分はひだ状で中央部分は基本的には小さな孔が開いています。
本来この開いているはずの膣口が、完全に閉じてしまっている状態のことを処女膜閉鎖と呼びます。このため初経を迎えても経血が外部に排出されず、無月経と思っていたり、下腹部痛やしこりなどの症状が出現したりして受診し、気づかれることが多くみられます。

処女膜閉鎖の症状

処女膜閉鎖によって本来、体外に排出されるべきものが月経にて排出されず、膣や子宮の中に粘液や血液がたまってしまいます。これによって下腹部に痛みを感じたり、違和感を感じる等の症状が出ます。この状態になってしまうと定期的に腹痛を感じますが、その原因が処女膜閉鎖であると、自身で気づくことは難しいため発見が遅くなってしまうことがあります。
また、処女膜閉鎖は18歳頃に本来訪れる初潮が起きない、原発性無月経の原因にもなり、この状態が続くと、定期的に腹痛や腰痛を感じるようになり、排尿、排便障害を患ってしまう可能性もあります。閉鎖によって蓄積された粘液や液体が長い期間放置されると卵巣や卵管にも壊死や器官の破裂等の悪影響がおよぶことがあり、後に不妊症の原因にもなります。

処女膜閉鎖の原因

処女膜閉鎖が起こりえる原因としては、何かしらの後天的な理由によってこの状態になってしまうのではなく、この病気は先天性のものであり、誰にでも起こりえることであるとされています。
新生児の時に処女膜閉鎖の疑いがあったとしても、はっきりとした診断は不可能であり、また、年を重ねることで自然と開いていくこともありえますので、きちんとした診断、治療は思春期を迎えてから行うのが一般的だとされています。
今現在、初経の平均年齢は約12歳であり、14歳までには約98%もの人が初経を済ませます。その時期になっても初経が訪れなければ、処女膜閉鎖の可能性があります。その時は病院に行き、詳しい検査を受ける必要があります。

処女膜閉鎖の治療法

処女膜閉鎖とは先天性の病気であるため、明確な予防手段はありませんが、はやく発見することが大切です。
症状としても腹痛や、腰痛であったりあまり処女膜閉鎖が原因であることを自分自身で感じることは難しいのですが、初経が訪れるべき年齢になったとしても、訪れなかった場合は処女膜閉鎖の可能性があるサインであります。
そうであれば、早い段階で病院に行き、検査をして、症状が確認されれば、早めに治療を行うことによって、排便障害や不妊症等を未然に防ぐことが出来ます。治療は、切開を行いますが、検査方法は婦人科や産婦人科にて、CTや超音波で行うため検査をする手段で不安を覚える必要はありません。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください