処女膜裂傷しょじょまくれっしょう

カテゴリ
女性の病気と妊娠・出産
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

処女膜裂傷とは

処女膜裂傷は、主に膣の入り口にある処女膜とよばれるひだ状の膜に、性行為や外傷、分娩などで生じる裂傷のことです。
通常、処女膜を裂傷すると痛みと同時に膣壁より出血を伴います。しかし、大抵の場合、痛みはすぐにおさまり、出血も然程の量にまでいたらないため、治療が必要となるケースは極めて少ないとされています。

症状

性行為中に処女膜裂傷が起きると、主な症状として痛みと出血を伴います。これらの症状は特に初めての性行為を経験する女子によくみられ、痛み・出血量共に微量であるため、自然治療が基本となります。
  
ただし、ごく稀に性行為後もこれらの症状が長引く場合があり、裂傷の程度によっては自然治療での完治が見込めないため、病院に受診する必要があります。また、初めての性行為を経験した後も数回に渡って痛みと出血を伴う場合があります。
  
これは、最初の性行為で処女膜を裂傷させるにまではいたっても、完全に処女膜を破くまでにはいたなかったために起きます。性行為中の挿入が浅かったり、挿入しきれていなかった場合は特によく起きる、とされています。

原因

処女膜裂傷は主に膣口の一部を塞いでいる性行為未経験の処女膜に、過進展的な挿入によって傷がつくことが原因で現れる症状です。
そのため、処女膜裂傷ないし処女膜の喪失の度合は、性行為中の力加減によっては左右される場合が多く、痛みを感じない、あるいは出血の痕跡が見つからない、といったように、症状が極めて微量であったことから裂傷に気がつかないケースもあります。
  
しかし、その一方で性行為もしくは挿入等が極めて暴力的であった場合、痛み・出血共に重傷化する傾向にあり、症状が長引くようであれば医療機関に受診する必要があります。
また、その他にも女性の膣状態によっては、男性の加減に関わらず処女膜裂傷が現れる場合があります。これは処女膜の形状・柔軟性が起因しています。

治療法

処女膜裂傷を予防するためには、性行為における互いの理解が不可欠です。処女膜裂傷は双方のコンディションや性格によって症状が左右されるため、行為前に十分な意思表示が必要となります。即ち、双方の合意のもと、力加減や膣の状態を把握などを行なってから行為におよび、また行為中も相手の状況を把握することが大切です。
  
ただし、初めての性行為であったとしても、処女膜裂傷ないし処女膜の喪失が必ずしも起きるとは限らず、痛みも出血も伴わない場合があります。これは力の加減だったり、元々起きにくい膣の状態であったりと理由は様々であるため、過度な予防も必要ない場合があります。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください