胃腸炎いちょうえん

カテゴリ
感染症
胃の病気

胃腸炎の体験談

胃腸炎の時に飴を使いました

医師確認済み

胃腸炎の時に飴を使いました

胃腸炎になった時、本当にお腹が痛くて下痢が止まらず、そして気持ち悪くなって吐いてしまうのです。これが本当に辛い症状で、大人になってもこんなに辛いことがあるのか、と本当に嫌な気持ちになりました。何を食べても何を飲んでもすぐに吐きだしてしまい、吐きだすことによってかなり体力を奪われてしまうので、時間が経つごとにだんだんと自分が弱まっていくのを感じました。
胃腸炎の際には水分補給に気を付けなければならないと聞いていたので、気を付けているつもりですが、結果的にはあまり良い状態にはなりませんでした。
病院に行った時に看護師さんから飴をもらいました。これがかなり功を奏して、飴をなめてからは少しずつ症状が回復していきました。
飴をなめても吐くことがなかったので、これを使ってどんどん栄養補給をしていきました。次第にかなり体力が復活していきました。胃に負担をかけずに栄養補給をすることが出来るので、とても手軽で良かったです。

胃腸炎に飴はすごく役立ちました

胃腸炎になった時に看護師さんにもらった飴が大いに役に立ちました。それまでは何を食べても飲んでも吐いてしまうのに対して、飴の場合はすぐに受け付けられるようになったのです。舐めるととても甘くておいしいですし、胃に負担がかかることがないので、すごく良いと思いました。
飴が舐められるようになると、だんだんと食欲が復活してきました。しかしいつもと同じような食事を取ってしまうと、また胃に負担がかかってしまうので、少しずつ通常の食事に戻していくようにしました。
初めはかなり水分の多いおかゆからははじめていきました。そこから少しずつ普段の食事に戻していきました。おかゆが取れるようになる頃には、かなり体力的には回復していたのでそこからの完治がとても早かったです。
胃腸炎になった時に病院から貰ったお薬は整腸剤くらいで、その他は特に何もありませんでした。とにかく辛い症状だったので、もう絶対になりたくないと思いました。

胃腸炎の時に飴は役に立ちました。

胃腸炎になってしまった時に飴という存在にはとても助けられました。何を口に入れても戻してしまうので、本当に涙が出るほど辛かったです。吐くとかなり体力を消耗してしまうので、吐き終った後には意識が朦朧としてしまいました。胃腸炎になると腹痛だけでなく、脱水症状には気を付けなければなりません。
その時に一番役に立ったのが、飴という存在でした。水を飲んでも吐いてしまうのに、飴の場合は吐いてしまうことがありませんでした。すごく手軽に水分や栄養が補給できるので、とても良い食べ物だと思いました。
その他に摂取した食べ物はバナナです。バナナも消化に良い食べ物なので、普通の食事に戻るテスト期間としてバナナを取り入れました。胃腸炎になって料理をする体力が戻っていなかったので、バナナのように皮を手で剥くだけで食べられる果物はとてもありがたかったです。
まずは脱水症状に気を付けて、体力を付け、普通の食事に戻していくことが大切だと思いました。

子供の胃腸炎に飴と経口補水液が役立ちました

幼稚園の子供が、友達と園庭で泥んこ遊びをし、汚れた手を口につけてしまったようです。先生から手を洗ってうがいをしたと報告を受けたので安心していましたが、翌々日に胃腸炎になってしまいました。
本人は胃腸炎になっても、おなかが空くようで食べ物を食べるのですが、結局すべてを吐いてしまうので、苦しい苦しいと泣き出す始末です。病院にかかって相談したところ、栄養は飴から取ると良いと教えてもらいました。また、下痢は水分を大量に失ってしまうので、水分補給も気をつけるように指導されました。
それで、早速、帰り道で子供とコンビニに寄って子供の好きな飴を買ってあげました。カロリー0の物ではなく、きちんとカロリーのあるもの買うようにしました。また、経口補水液も購入し水分補給につとめました。飴の糖分は空腹感も紛らわせてくれるようで、子供もおとなしく暮らしていました。2日もするとうそのように元気になりました。
今は、前以上に子供に手洗いをさせるようにしています。また、胃腸炎になった場合の備えもしっかりするようにしてます。

胃腸炎の後は飴

胃腸炎によくかかる体質で、ひどいときは一時間以上も痛みが続き、下痢を繰り返し、ようやく収まった頃にはぐったとした状態になります。ヘトヘトで食欲もなく、そのまま放心状態でいることになりますが、トイレですべてを出し切って、しかもエネルギーも使い果たしているせいか、頭がクラクラしてきます。ブドウ糖不足なのでしょう。
何も食べたくはないのですが、エネルギー不足で朦朧としている自覚はあるので、そういう時は飴をなめるようにしています。すると短時間で、頭にエネルギーが補給されたという実感を持つことができます。
胃腸炎のあとはしばらく食欲減退の状態が続きますので、ブドウ糖不足で頭がフラフラしたときは、その都度そうしています。飴をなめるとのどが渇き、水分補給もしやすくなります。それがないと、下痢の後で水分補給が必要だとわかってはいても、なかなか水を飲む気にもなれない状況ですから。不思議と飴をなめた後なら、水をゴクゴク飲めるようになります。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
胃腸炎の他の体験談

感染症の体験談

  • 風邪の症状が出た時に運動するのはアリ?ナシ?

    風邪・運動

    私は小学生の頃、風邪をひいて運動したところ更に症状が悪化したケースがあります。治りかけでしたし、何より友達と一緒に運動する時間が楽しかったのでつい無理をしてしまいました。家に帰った時の体のだるさを察知し、ひどく後悔したものです。 なぜ風邪時の運動を避けなければならないかと言うと、疲弊している体を更に追い詰めてしまうからです。動いている時は、何となく病気のことを紛らわすことができるのですが、その後…続きをみる
  • 風邪をこじらせ病院に入院

    風邪 病院

    大学生の頃、自宅を離れ県外に一人暮らしをしていました。ある冬、朝から調子が悪く学校を休みアパートで寝ていました。夜になっても頭痛と寒気があり、咳が止まりませんでした。何とか翌朝まで我慢したのですが、さすがに我慢の限界を感じ病院に行くことにしました。 病院で診察を受けると風邪だと診断されたのですが、症状は重く、あと少しで肺炎になる可能性があったことを告げられました。その年の風邪はたちが悪いと聞いて…続きをみる
  • ノロウイルスのつらい症状

    ノロウイルス 症状

    私は去年の夏頃、仕事仲間と旅行に行きました。 海が近くの場所だったので、ごはんに牡蠣を食べに行こうと言う話になり、食べに行きました。生まれて初めて牡蠣を食べるのでとても楽しみにしていました。食べている間は美味しくて10個以上食べてしまったのですが、食べ終わってお店を後にしたあたりから、急にお腹が痛くなってきました。今思うと、その時点からノロウイルスの症状が出始めていたんだなと思いました。 どんど…続きをみる
  • ノロウイルスの感染源は生魚?

    ノロウイルス・感染源

    子どもが大学受験の前日に、試験会場の近くのホテルに前泊する予定だったので駅まで送って行ったときのことです。車を駐車場にとめて、降りた途端に、突然嘔吐し始めました。でも、試験を受けないと浪人になってしまうので、化粧もしていなかったのですがそのまま電車に無理やり乗せて、普段着のままホテルまでついていきました。 ホテルのフロントで事情を話し、近くの大きな病院を紹介してもらい、診察を受けたらノロウイルス…続きをみる
  • ノロウイルス検査

    ノロウイルス・検査

    子供が通っている保育園から高熱が出ているのですぐ迎えに来てください言う電話が職場にかかってきました。 迎えに行くと担任の先生から下痢もしているし今保育園でノロウイルスが流行っているので便を持ってすぐに小児科または内科の病院に行って検査をしてくださいと言われ保育園で下便を持って病院に走りました。 病院で子供の熱を計ると38度の高熱が出ておりまた嘔吐もしました。すぐノロウイルス検査をしてもらい結果、…続きをみる