性病かもと思ったら…《性病検査キット》がオススメ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
執筆者画像

監修:Doctors Me 医師

性病検査といえば普通は保健所や病院で行うものなのですが、性病キットを使えば自宅でも性病検査を行うことができます。

とはいえ本当に正確に診断できるのか少し不安ですよね。今回は性病キットのメリットなどについて説明していきます。

性病検査キットとは 

本来性病を検査するためには保健所や病院へ行かなければなりません。保健所では無料で受けることができますが、日時が限定されていたりしますし、病院だとつい知り合いに遭遇してしまうというケースもあったりします。

その点検査キットではほぼすべての工程を自宅にいながら行うことができるので、誰にも会うことはありませんし、時間に縛られることもありません。非常に気軽に行うことができるのです。

性病は放置してしまうと深刻な事態に陥ってしまうことがほとんど。なので自分の性器に違和感を覚えたら、本来はすぐに診察すべきでしょう。

しかし仕事などで時間の都合がつかないこともありますし、なにより性病検査って少し恥ずかしいですからね。

そんな性病検査に対するハードルをぐっと下げてくれるのがこの性病検査キットなのです。

関連記事

感染してる確率はどのくらい?「性感染症」の危険度を調べるチェックリスト!

自宅で手軽に性病検査ができる! 精度は病院と同じ?

検査キットはインターネットで購入


現在、自宅で手軽に性病の検査ができるキットはいくつもあり、基本的にはインターネットで購入して、自分で唾液・血液・体液などを採取。そしてそれを購入した会社に返送するという形で検査が行われます。

匿名性が高い


検査キットを使うと誰にも顔を合わせることなく性病検査ができるのも特徴の1つです。注文して自宅に届いたときも、中身が性病検査キットだとは分からないよう厳重に梱包されていますし、郵送もポストへ投函するだけ。

誰にも性病検査を受けていることを知られずに、すべての検査工程を完了することができるのです。

最初の荷物を受け取るとき以外は、誰とも顔を合わせることもありません。人には相談しにくい疾患だけに、気軽に検査できるのは嬉しいものですね。

検査の精度が病院や保健所と同レベル


検査はキットを販売している会社ではなく、国の認可を受けた登録衛生検査所で行われます。

この検査所は、病院や保健所での検査の際にも採取した血液などが送られる場所なので、検査キットを使ったからと言ってその精度が落ちることはありません。

また結果は郵送、ネットでの閲覧など検査会社によって異なるようなので、事前に調べておきましょう。

性病検査キットの種類と使い方

うがい液検査


うがい液を使って喉の性病を調べる検査法です。この方法では淋病やクラミジアなどを検査することができます。

検査方法も非常に簡単で、朝起きた時にうがい液を使ってガラガラとうがいをするだけ。そしてそのうがい液を同封されている容器に入れて、その日のうちに返送します。

血液検査


「ランセット」という器具を使って、自分の血液を採取する検査法です。このキットではHIVや梅毒、B型肝炎・C型肝炎などを検査することができます。

ランセットは3センチほどの大きさの器具で、ボタンを押すと針が出るようになっています。

これを使って腕から自分の血液を採取し、同封されているろ紙に染み込ませ、それを返送します。このときランセットは未使用分も含めて、すべて返送してください。

すこしチクッとしますが、病院で行われるような注射を使った採血ほど痛みがあるわけではありません。安心して検査を行ってください。

尿検査


学生時代に尿検査を経験したという人がほとんどかと思いますが、性病検査でも同じキットを使って尿を採取していきます。朝起きて1番初めに出る尿を採取するという注意点も同じです。

このキットでは淋病・クラミジア・ドリコモナスなどが検査可能です。採取した尿はその日のうちに返送してください。

ちなみにこの検査は男性のみが対象になっています。男性の場合、精液と尿の出口は共通しているため、男性器ないにいる細菌やウイルスは尿検査でも検査可能なのです。

しかし女性の場合は尿道と膣は分かれているため、膣内にいる細菌やウイルスを尿検査で確認することはできませんよね。

今のところ尿道内でのみ繁殖するような性病ウイルスや細菌は確認されていません。そのため女性の尿を採取してもあまり意味がないのです。

陰茎表皮摩擦検査


こちらも男性専用の検査です。入浴前に綿棒を使って男性器の全体を拭い、その付着物から性病に感染しているかどうかを検査します。このキットではカンジダを検査することができますね。

検査の際は手を良く洗うこと、また綿棒は亀頭の溝部分までまんべんなくぬぐうようにしてください。

膣分泌物検査


こちらは女性専用の検査です。陰茎表皮摩擦検査と同様に綿棒を使って行います。綿棒を女性器に挿入し、7~8回ほど回転させて分泌液を綿棒に染み込ませて、それをその日のうちに返送します。

このキットではクラミジア・淋病・トリコモナス・カンジダなどを検査することが可能です。ただし生理中や性行為の分泌液では正しい結果が出ませんので注意してください。またこの検査も入浴前に行うのが望ましいですね。

関連記事

大切なパートナーと読んでほしい。重症化すると危ない「淋病」について知ろう。

性病検査キットはどれくらいの費用がかかる?

さて性病検査のキットはいったいどれくらいの費用が掛かるものなのでしょうか。

検査キットの費用は受ける検査項目数で異なりますが、例えばHIVを1項目だけを調べたい場合には、血液検査だけを行えばいいので5000円ほどですみます。

それに加えてクラミジアの検査もしたいという場合には、尿検査のキットも必要なので合計で1万円ほどになりますね。

検査キットは基本的には単品よりも、セットで販売されていることが多いです。例えば男性用で血液検査・尿検査・うがい液がセットになったものは2万円前後で販売されています。

これを購入すればHIV・梅毒・B型肝炎・クラミジア・淋病など、ほとんどの性病の検査が可能です。2万円というと少し高額に感じるかもしれませんが、病院で検査を受けてもそこまで料金は変わりません。

ただ病院では対面で診断結果をきくことができるので、もし陽性だったら今後の治療の段取りをその場で決めることができますし、陰性だったとしてもその後の対策方法などをレクチャーしてもらえます。

この辺りは一長一短というところでしょうか。

ちなみに女性の場合でも2万円前後から大幅に費用がかさむこともありませんので安心してください。同時に幾つもの性病に感染している場合もあるため、疑いがある場合はセットで検査を受けたほうが安心といえるでしょう。

もし性病が陽性と判定された場合

検査の結果はキットを販売している会社によって郵送やネットなどの方法が取られるというのは先ほど紹介した通りですが、もし陽性と判定されてしまった時はどうすればいいのでしょうか。

その場合はかならず病院での診察を受けてください。またキットによっては、結果だけでなく近隣の病院のインフォメーションまで紹介してくれるところもあります。

あるいは血液検査などの場合は、血液の量が十分でなければ正しい結果が出ないこともあります。もう1度精密な検査を受けるためにも、必ず病院へ行ってください。

関連記事

抗生物質も効かない「スーパー淋病」って何?

まとめ

キットでも病院でも、男性女性で検査項目数は異なります。

また、検査を行っている会社は数社あり、会社ごとに検査項目や値段が異なりますので、症状に合わせてご自身にあったものを選択してくださいね。

(監修:Doctors Me 医師)

あなたの避妊方法は安全ですか?

避妊は性病予防の一つの方法です。あなたの避妊方法は安全なのか、一度チェックしてみてください。
【避妊安全度】チェック

  • この記事は、医療・健康に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • 専門家の皆様へ。記事の内容について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するコンテンツ

性病/STDについて