カンジダ症

カテゴリ
感染症
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

カンジダ症とは

カンジタ菌が異常繁殖し、激しい痒みを性器周辺に伴う病気。男性より女性が発症しやすいです。ストレスで体が疲れていたり、免疫力が低下したり、ホルモンバランスが崩れている時、発症しやすいです。性行為で相手からうつる場合もありますが、カンジタ菌は誰の体の中にでも常在している菌なので、性行為未経験者でも発症することがあります。

カンジダ症の症状

女性の場合、カンジタ症になると、おりものが変化します。

おりものの量が多くなったり、異臭のするおりものが出るようになったり、また、カッテージチーズのような塊のおりもの、酒粕のようなおりもの、白くドロっとした固まりが出てくることもあります。
そして、とにかく性器周辺がムズムズと我慢しきれないほど激しい痒みに襲われ、性器周辺に痛みを感じたり、灼熱感を感じたりします。性交痛や排尿障害がおこることもあります。
膣と外陰部に症状があらわれることが多く、まれに下腹部に痛みを感じることもあり、これらの症状が当てはまる場合、女性は産婦人科を受診してください。

男性の場合は、亀頭の痒み、亀頭から白いカスのようなものが出たり、水泡が出ることがあります。まれに、尿道炎を起こす場合もあります。男性は、泌尿器科か性病科でも検査をしてくれます。

カンジダ症の原因

主な原因は、体の中のカンジタ菌が異常繁殖したため起こる症状です。

普段は、体の中を酸性に保ってくれる乳酸菌のおかげで、カンジタ菌など、他の菌が繁殖しにくい状態になっていますが、ストレスや免疫力の低下、疲労などの影響で菌のバランスが崩れたりすると、カンジタ菌が増幅してしまい、カンジタを発症してしまいます。

女性の場合はホルモンバランスの崩れやすい、月経前や妊娠中に発症することが多く、ちょっとした免疫力の低下で、カンジタ菌が増殖してしまう為、再発しやすい病気ともいえます。また、通気性の悪い下着や洋服を身に着けることも原因の1つに上げられます。

というのも、カンジタ菌は蒸した場所に増殖しやすい為です。
毎日Gパンやポリエステル製の下着を身に着けているのは要注意と言えます。まれにパートナーから感染することもあるので、注意が必要です。

カンジダ症の予防/治療法

カンジタ菌を異常繁殖させないように、日常生活を見直すことが大切です。

ますはストレスを溜めない、適度に解消させる。次に、体の中の菌のバランスを正常に保ってくれる乳酸菌の手助けをするため、毎日の食事にヨーグルトなど乳酸菌を含んだ食事をプラスして乳酸菌を増殖させましょう。

また、衣類での締め付けをやめます。可能であれば、綿素材のゆったりとした衣類を身につけます。通気性の良い素材であれば、なおのこと。蒸れた状態をキープしておくと、それだけでカンジタ菌が喜んでしまいます。なので、冬場のこたつは要注意です。

生理用品も一度見直してみると良いです。ナプキンもタンポンも通気性を重視して蒸れにくいものをえらび、乾燥した状態を保つようにします。

入浴する際も、ごしごし性器を洗ってしまうと必要な菌まで洗い流してしまうので、石鹸は使わずぬるま湯だけで軽く洗うようにしましょう。

パートナーから感染する場合もあるので、タオルや下着は共有せず、毎日清潔なものを身につけます。
  • このコーナーは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • 専門家の皆様へ。病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください

カンジダ症の相談

カンジダ症に関するコラム